KISARAGI

KISARAGI vol.313


カテゴリー: 2005年10月02日
------------------------------------------------------------------------
K I S A R A G I vol.313                               2005/10/02発行
                          編集/発行:みやこたまち
http://miytako.hp.infoseek.co.jp     ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp                 
------------------------------------------------------------------------
文学史5
前回までのあらすじ・・・歴史とはあなたの歴史でしかないのでは?

並べてみるとなんとなく系統というやつがある気がするし、発展の経過も跡付け
られる気がするものだ。時間というやつは、空間よりもめちゃくちゃなもので、
そもそも時間の存在を二次的なものとしか考えない私にとって、歴史とは記憶で
しかなく、その記憶ですら最近では曖昧で、都合のいい記憶を野放図に捏造し、
今の苦境を乗り越えるのに必要な処方を得ているようなありさまだ。文学のために
自分の時空を費やすゆとりは実はない。ただ自分自身とむき出しで向き合うのが
少々堪える場合、擬似的なヒトガタを想定するのに文学を使用して、間接的に、
自己との関係を取り結ぶことができる。使用する文学の意匠によって、世界、
政治、自我、などに細分化した擬似自我と向き合うことができる。つまり、私
にとっての、文学とは、そういうものだと仮定する。
------------------------------------------------------------------------

◆古典へのいざない【158】     とりかへばや物語[108]   作者 たまさん

------------------------------------------------------------------------
 左大臣は右大将が失踪して月日が経つままに多くの祈祷を山々寺々で尽く
し、もう駄目かと諦め掛けていたところ、夢にとても尊く清らかな僧が現れ
た。
「そのように嘆く必要はありません。明朝、貴方の悩み事について解決した
という知らせが来るでしょう。前世でしかるべき違い目があったが為に、天
狗がその報いとして男を女に、女を男にして貴方の心を絶えず嘆かせていた
のですが、その天狗も業が尽きました。貴方が仏道に従い長年の間、多くの
祈祷をした験で全てが収まり、男は男に、女は女に戻り、思い通りに栄える
事になるでしょう。このように思い惑っていたのもちょっとしたものの報い
なのです」
 目を覚ました左大臣は、男君(尚侍)の母親に会いに行った。
「気が動転していたここ何ヶ月か尚侍を見ていなかったが今はどうしている。
実は先ほど、こういう夢を見たのだが」
 夢の内容を告げられた北の方はびっくりして、尚侍が右大将を探しに出掛
けた事を詳しく話すと、左大臣は驚き呆れてた。
「そうか、夢で見たのは本当だったのだ。尚侍まで出て行ったのを知らなか
ったとは――」
 その日、明け方近くに尚侍の帰京の知らせが北の方の元に入った。
「どうやら夢が当たったようですね」
 北の方は左大臣に言った。
(続く)
                                   ★

 左大臣の夢枕に僧侶が現れ、息子と娘の姿が異常なのは天狗の仕業であっ
たがその業も尽き、二人は元の姿に戻るであろうと告げました。果たしてそ
の知らせ通り、右大将を捜しに出ていた男君(尚侍)が帰京したようです。
 続きは次回にお届けします。それではまた。

------------------------------------------------------------------------
ジャンル:古典レビュー
メール :miztam@nifty.com
HP  :【山猫屋本舗】http://homepage3.nifty.com/miztam/
--------------------------------------------------------------------------
いろいろな人とすれちがったり、なにか人の通り道を邪魔するみたいに出現する、
バイクや、ショッピングカートや何か。自分が渡ろうとする前後30分は絶対に
車なんて通らない横断歩道を渡ろうとした瞬間に三台も続けて車が通過するのを
待たされたりする生活。そういう舌打ちの現場に、実はとてつもない出会いが仕掛
けられていたりして、と仮定し、「そんな分かりにくい縁は、要らない」と思う。
---------------------------------------------------------------------------

◆きせい 【五十二】                              作者:みやこたまち

--------------------------------------------------------------------------
 人攫いの風貌をしている。と学生は鏡に映る自分をみて思う。人攫いの背後には、
夜になると段数が変わる階段が映っていて、その階段をのぼった先の防火扉は厳重
に戸締りされている。その扉の向こうは、教師の目の届かない格好の溜まり場なの
だということを学生は知っている。ボケットのなかでジッポの蓋をカチャリとあけ
てみる。

 湖のほとりにまどろむ男。自分は暇人で世界中を旅しているのだと思い込もうと
してみる。伝説の岩に近い宿は、湖畔にあった。女は温泉があるというので、そち
らへいった。男は阿部一族は紛失し、薄暮にスライスされた峰の稜線に、牧童が羊
を追う姿を見ていた。
 牧童は生前、男の思想に興味を抱いていた。男は単純作業をこなしながら、夜に
なると文献漁りをしていた。

 女は露天風呂で茂みのざわめきにぎょっとしていた。樵がいると聴いていたから
だ。樵は山で少女に出会うものだと女は思っていた。そして、その少女は、ずっと
昔の自分なのだと空想し、その時は夜中に露天風呂に入っていてもちっとも怖くは
なかったと思った。付近のかわった形の木や岩、朝焼けの風景や、雲など、少女は
片端から名前をつけていたのだと思った。そしてそれは、バスターミナル前で案内
をしていたあの人の空想だったのだと思った。少女はいつかどこかにやってきて、
ふわふわと辺りを名づけ、時折風にフワフワと舞いながら、恥ずかしそうに、じた
ばたと、地面に靴底を擦り付けて歩く癖があったっけ。きっと牧童は彼女のことが
好きだったに違いない。女は星を見上げて、こんな誰の夢想か知れない思いに、
流されていた。

つづく
--------------------------------------------------------------------------
ジャンル:小説
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp~cak87430/index.html/
--------------------------------------------------------------------------

本日、御茶ノ水聖橋付近、内堀どおりは空いておりました。

_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を。
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp

_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
------------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
------------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/
------------------------------------------------------------------------

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/17
部数 45部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/17
部数 45部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング