KISARAGI

KISARAGI vol.208


カテゴリー: 2003年09月21日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><>
K I S A R A G I vol.208                               2003/09/21発行
                          編集/発行:みやこたまち
http://miytako.hp.infoseek.co.jp     ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp                    
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><>
地震、台風。息を吹き返した夏もこれで終わるのではないでしょうか。
今日は休みで、一日中動画のカットとDivX変換をさせていて、ほかの事は出来ま
せんでした。休みの日が雨なのは、ゆっくりできていいです。

それでは、今回もたまさんから、お願いいたしましょう。
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
|連載|小説|
◆古典へのいざない【63】     とりかへばや物語[13]        作者: たまさん

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
 九月十五日の月明の夜、内裏での遊宴に出た後、そのまま宿直《とのい》をした
中納言は、特に興味があった訳ではないが、梅壺の女御《うめつぼのにょご》が帝
の寝所に上がってくるのを、藤壺へ通る塀の辺りに隠れて見ていた。
 夜更けの月が隈なく澄み渡っている中、濃い衵《あこめ》に透いて見える薄物の
汗衫《かざみ》を羽織り、髪を美しく垂れ掛からせた女童が、火取り香炉を持って
歩み出て来る。女房達も皆、砧《きぬた》で打って艶を出した衣の上に薄物の唐衣
を脱ぎ掛けたように着ており、その様が今宵の空のように優美に見えた。続く女御
は、御几帳《みきちょう》を麗しくさし巡らし、大層かしずかれた様子が奥ゆかし
く見事であった。
「ああ、私も人並みの身や心であったならば、きっとこのようにかしずかれて帝の
許を出入りしていたであろうに。人前に顔を晒した上に男の姿をして世間に出てい
るとは、全く正気の沙汰ではない」
 と考え続けていると、目の前が暗くなってくる。

  月ならばかくてすままし雲の上を
   あはれいかなる契りなるらん
 (もし月であったならば雲の上で澄んでいられるのに。
   どうしてこのように辛い宿命なのであろうか)

「私は拙い宿命の為にこうなってしまったが、せめて姫君だけでも人並みにこうし
た宮仕えが出来ればどんなに嬉しかろう。我が身の不幸を嘆くのは構わないが、せ
めて姫君が世間並みであったのならば、退出・参上の世話をする事も出来るだろう
に――」
 自分の身の上の事を考え続けているうちに、ここから抜け出して深い山に姿を隠
してしまいたいという気持ちになってくる。女御を見送り、先ほどの独り言を思い
返していると、「蓬莱洞《ほうらいとう》の月」の句が自然に口をついて出てきた。
 その声は例えようもなく美しく、空へと澄み登っていくのであった。

(続く)
                                   ★

 帝の許へ向かう途中の女御と出合った中納言は、本来は自分が歩んだはずの人生
を彼女に重ねて見ます。自分はどうしてこのような姿をしているのか、いっその事、
どこか山奥に隠れてしまいたい――かなり思いつめている様子です。
 この続きは次回にお届けします。それではまた。

------------------------------------------------------------------------
ジャンル:古典レビュー
メール :miztam@nifty.com
HP  :【山猫屋本舗】http://homepage3.nifty.com/miztam/
------------------------------------------------------------------------

悩んでますね。特に興味が無かったけども、隠れてみている、というのは、何か
心の奥底でひっかかりがあったのでしょうし。幼いころは、男の子みたいだった
けど、「男として出てしまった以上はいまさら」という気持ちになっているんで
すね。これは気の毒です。女性だと、カミングアウトする日は来るのでしょうか?

続きまして、慢性化したかみそり負けに悩む作者がお届けする連作です。涼しく
なれば、治るだろうか・・・

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
|連載|小説|

◆そののちのこと【20】                           作者:みやこたまち
      
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
>同時代の少年達に比して、幾分か成熟した精神構造を持っていたとはいえ、そ
れはやはり、庇護される者の枠を外れてはいなかった。

>信夫は何かを否定することで、自らの存在を証明していた。

>自分ではない者がいる、という事実。社会的な人間にとっては、この前提は不
変である。自分と他者との関係の度合いによって、しがらみとか、確執とか呼ば
れるものが生じる。

>中学での信夫は、無口で気難しい生徒だった。誰にも気を許さず、他人のして
いることには全く加わらない。学芸会、体育大会、研究発表会、グループ学習。
通信簿は学力がずば抜けていることと、協調性が皆無であることの二つを明示し
ていた。これは小学校、中学校を通じて、不変だった。

>社会的でないという性質を、両親は個性として受け入れることは出来なかった。
社会に出て役に立たないということは、すなわち、人間として無価値であるこ
とと同じだった。

>信夫の性質は矯正されるべきだった。

>道は舗装道路から細い悪路に変わった。

>道の両側は雑木林になり、その左手の奥の方は、小高い丘になっている。

>右手はどこまでも林が続いている。

>冬特有の橙の光の中で、枝は冷たい風になぶられ震えていた。

>時折小石を跳ね上げながら、車は走り、やがて、うらぶれた門をくぐった。

>以下次号
------------------------------------------------------------------------
ジャンル:小説
メール :tamachim@yahoo.co.jp
HP  :【電網 昼行灯】http://www1.odn.ne.jp~cak87430/index.html/
------------------------------------------------------------------------

書見棚 その18-*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

ここは、みなさまの本棚のなかで今、目に入ったものを御紹介いただく棚です。
投稿が無い週は私の本棚で目についたものを紹介します。今週は

「空の色に似ている」 内田善美 著です。
これは、「ぶーけ」という月刊誌で連載されていたものです。

氏の作品は全て集めまして読みました。名作です。本作と「星の時計のLiddell」と、
「草迷宮・草空間」の三作は普及の名作といえるでしょう。読むべきです。時空
を超え、生命を超越し、絵のタッチやストーリーの風合いは優しいのですが、
内容は非常に厳しく現実を直視しているのです。

全て、集英社より。星の時計のLiddellは全三巻です。
------------------------------------------------------------------------

それではまた次週お目にかかりましょう。

_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を。
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
------------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
------------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/
------------------------------------------------------------------------

	



KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/15
部数 48部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2018/07/15
部数 48部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング