KISARAGI

KISARAGI vol.185


カテゴリー: 2003年04月06日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><>
K I S A R A G I vol.185   2003/04/06発行
                          編集/発行:みやこたまち
                     ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                     http://miytako.hp.infoseek.co.jp
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><>
 地元には開催日に必ず雨が降るという祭りがあって、晴れたら整式に挙行され
るはずの儀式があるのだが、毎年公民館の二回の略式のものしかできないと夏に
なくなった曽祖父が言っていたのを、暮に入院した祖母が書き残していたらしい
です。それでは、KISARAGI185はじめます。

まずは、「たまさん」作 『古典への誘い 第43回』です。前回で「花桜折る中
将が終了しています。今週からはどんなお話になるのでしょう?

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
|連載|小説|
◆古典へのいざない【43】                           作者: たまさん

       貝合わせ[1]  〜「堤中納言物語」から〜
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

 九月の有明の月に誘われて、蔵人《くろうど》の少将は、指貫《さしぬき》
の裾をいかにも格好よく引き上げ、供として小舎人童を一人だけ連れて歩いてい
た。
夜が明けても、少将の姿を隠してしまいそうなくらいに朝霧が立ち込めていた。
「どこか風情のある家で、戸の開いているところはないだろうか」
 と言いながら歩いて行くと、木立が美しい家から、ほのかに琴の音が聴こえて
きたので、すっかり嬉しくなって邸宅の周囲を巡った。
 門の脇などに崩れた築地がないかと見てみたが、どこにもそのような場所はな
く、少将はがっかりした。どんな女性がこのように弾いているのだろうと、無性
に好奇心がそそられるが、どうしようもないので、いつもように小舎人に歌を歌
わせた。

   行く方も忘るるばかり朝ぼらけ
    引き留むめる琴の声かな
  (朝ぼらけに、行く先を忘れ、足を引き留めてしまうほどの
    素晴らしい琴の音色ですね)

 もしかしたらそのうちに人が出てくるかもしれないと、胸をときめかせていた
が、そうした気配はない。残念に思いながら通り過ぎて行くと、可愛らしい四五
人の童が走り違い、小舎人や下使いが綺麗な小破子のようなものを捧げ持ち、美
しく飾った文を袖の上に置いて、出入りしている家がある。

(続く)
                                   ★

 今週からは、引き続き「堤中納言物語」から「貝合わせ」をご紹介します。前
回の「花桜折る中将」と同じように、この物語の主人公もかなりの「好き者」で
す。どうにかして素敵な女性と巡り合いたいと、朝早くから京の街をぶらぶら歩
いていたところ、何やら騒がしそうにしている家の前に来ました。
 この続きはまた来週という事で、宜しくお願い致します。

------------------------------------------------------------------------
ジャンル:古典レビュー
メール :miztam@nifty.com
HP  :【山猫屋本舗】http://homepage3.nifty.com/miztam/
------------------------------------------------------------------------

 貝あわせ、風雅ですね。時折それようのセットを販売しているのをみかけます
が、蒔絵など施されていたりして、爛熟よのぉ・・・と感じてしまいます。
古のプレイポウイの顛末、楽しみですね。
 それでは続いて、宇祖田都子さんのIV5Mをお願いしましょう。今回のは、ちょ
っと眩暈するような話題だそうです。

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
◆Inter_View 5 minutes【143】 
                      Guest/無限愛好家 晴渉素螺氏
       
                          作者:宇祖田都子さん
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
before minite
めくるめく無限の世界。本日のゲストは無限愛好家 晴渉素螺氏です。

first minute
M:無限って聞くと、数学って感じから離れるんですけれども、実はとてつもな
く奇妙なことになるそうですね。
A:人間は「数」という美しい体系を知り、完全なる神の姿として数字を扱って
きました。しかし、その蜜月を破壊したのが「無限」でした。
M:ゼロの発祥がインドだというのは何かで読んだことがありますが、「無限」
の発祥はどこなんですか?
A:紀元前500年程のギリシヤでしょう。ピュタゴラス、ご存知ですか?

second minute
M:中学校で習いますね。ピタゴラスの定理。そのピタゴラス?
A:そうです。彼らは数をあがめていましたが、対象は整数でした。ところが皮
肉なことに、彼のもっとも広く知られている例の定理において、その二辺の比を
整数で表すことができないという恐ろしい事実に直面するのです。
M:直角三角形の斜辺の二乗は他の二辺の二乗の和に等しい。でしたか。
A:そうです。それを正方形を対角線で分割した直角三角形に当てはめるとです
ね、斜辺はルート2となるんですが、これはヒトヨヒトヨニヒトミゴロ以下無限
に繰り返される数字の羅列となります。整数では表せないものがある。それは無
理数と呼ばれています。そのことをピタゴラス学派は門外秘としたのです。それ
をばらした弟子は、不思議な死に方をしたそうです。

third minute
M:それから数学は変わったのでしょうか。
A:無理数の発見は幾何学を生みました。実際、単純で美しい基本図形のもろも
ろの関係性は、無理数なしではあらわせないからですね。たとえば、円周率など
です。
M:無限というのは、終わらない小数点以下の桁数だったんですね。
A:数学上では、そうです。しかし実は無限の概念というだけなら、歴史はさら
にさかのぼります。ユダヤ教のカバラといわれる数秘術の中に出てくるんです。

forth minute
M:概念として、というのはつまり文学的というか、観念的なものとして?
A:神には始まりも終わりもなく、不偏するという概念です。それはつまり、無
限ではないかという研究が出てきたわけです。カバラは数字の体系だけに、その
あたりに敏感にならざるをえず、しかも唯一神の教義も成立させなければならな
いという究極的な命題に取り組んでいたのです。
M:究極的といいますと?
A:「すべてを含むという集合は可能か?」という問題です。1200年代から1500
年代には、数学者よりもむしろ幾何学に才能を発揮した聖職者が、無限について
の研究に従事していたんです。無限と神との整合をとりたかったのです。それは
、無限と一との整合をとるための探求といえるでしょう。現在では無限を表す記
号として、アレフというものが使われています。ヘブライ語のアルファベットの
最初の文字であり、その文字を頭にもつ言葉として、ユダヤ教における無限を記
した書物の名、一という数、そして神があるのですから、この共通性には何かを
かんじませんか?

final minute
M:そして、無限は解明できたのでしょうか?
A:この問題を考えた最高に属する数学者は精神を病み、常識とあまりにかけ離
れた結果に、自らが間違っているとして成果を葬ってしまったりしてきた中で、
「無限」の性格と構造とはかなりわかってきています。ガリレオによる「可能無
限」と「実無限」の区分。さらに集合論における成果として「可算無限」の定義
。そこでは、部分と全体とが等しいことがわかっていたりですね、無限に繰り返
した結果が有限に収まる「収束」という性質。そして、無限の最大の理解者であ
り同時に被害者でもあったカントールの労作による「無限の階級付け」など。枚
挙に暇がないほどです。しかし、そこで明らかになる無限というものの世界は、
実に奇妙で、刺激的なのですよ。
M:本来はその辺りをおうかがいすればよかったのですが、今日はお時間です。
どうもありがとうございました。

after minute
私は生活するうえで、無限を生み出す装置は可能だと思います。でも無限を見る
ことは出来ないんですね。宇宙の果て、時間の始まりと終わり、そんなことを考
えると、考えている心が無限になったような錯覚に陥り、それから悲しくなって
きます。
<<次回のお客様は、カヴァーガール 千種愛子氏です>>
------------------------------------------------------------------------
種別  :小説短編
ジャンル:架空対談
作者名 :宇祖田都子
メール :cak87430@geocities.co.jp
HP  :非所持
------------------------------------------------------------------------

「数学者」の話は面白いものが多いですよ。数式がなるべく出てこない、または
皆目理解できない数式の羅列、美しい幾何学の本、そして、数学者の頭の中につ
いては私も好きなほうです。

以上、KISARAGI でした。また自修、お目にかかります。それでは、また。

_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を。
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
------------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
------------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/04/23
部数 46部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング