KISARAGI

KISARAGI vol.179


カテゴリー: 2003年02月23日
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><><
K I S A R A G I vol.179   2003/02/23発行
                          編集/発行:みやこたまち
                     ★ E-mail:tamachim@yahoo.co.jp
                     http://miytako.hp.infoseek.co.jp
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><><

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*--
KISARAGI通信
久しぶりにパペットマペットをみました。とういことは今、午前0時30分。
今から編集開始なんです・・・
たまさんの、「はいずみ」は今回が最終回です。古典のおもしさ、味わって
下さいね。
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*--
今週の目次
 ◆古典へのいざない【37】   はいずみ[7・最終回]  〜堤中納言物語」から〜 
                              作者:たまさん
                                
 ◆Inter_View 5 minutes【137】     Guest/シリアルマスの堤崎仲次 氏
 ◆ 獏食 35.                        笑顔・・・
 ◇ KISARAGIについて
 ◇ 編集後記
 ◇ 発行者について
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*--
|連載|小説|
    ◆古典へのいざない【37】                           作者: たまさん

       はいずみ [7・最終回] 〜「堤中納言物語」から〜
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*--
 この男はとてもせっかちな気性であったので、「少し出掛けてくる」と言い残し、
昼間に新しい妻の元に出向いていった。
 新しい妻は、すっかりくつろいでいたところに、侍女が「急に旦那様がおいでに
なりました」と告げたので、大いに慌てた。
「どこ? 化粧箱はどこにあるのよ?」
 と言いながら櫛の箱を取り寄せると、白粉を付けるつもりで、取り違えて掃墨
《はいずみ》が入った畳紙を手に取った。そして、鏡も見ないで塗りたくりながら、
「いい? 旦那様には、『しばらくお待ち下さい。こちらの部屋にはお入りになら
ないよう』と伝えるのよ」
 と侍女に命じ、慌てて身づくろいをしていると、
「もう私の事を疎ましく感じているのですか」
 と言いながら、男が簾をかき上げて入ってきた。新しい妻は畳紙を隠すと、顔に
塗り伸ばし、袖で口を覆いながら、自分では優雅に化粧を仕上げているつもりであ
ったが、――実際は掃墨をまだらに指の形を残して付けて、目をぎょろぎょろさせ
て瞬きをしていた。
 男はこの様を見て驚き呆れ、奇妙な事だと思った。恐ろしかったので近くにも寄
らずに「しばらくしてからまた来ます」と言って、少し見るだけで気味が悪いので
そのまま帰ってしまった。
 新しい妻の両親は、男が来たと言うので顔を出したところ、「もうお帰りになり
ました」と侍女は答えた。
「呆れるほど冷淡な振る舞いだ」
「父様も母様も、どうしてそんな風に言うのですか」
「それはもちろん……」
 と言いながら姫君の顔を見るなり、気味の悪い顔になった我が子におびえ、卒倒
してしまった。「その顔はどうしたのだ」と言いたいが、口が回らない。
「変ね。どうしたって言うのよ」
 新しい妻が鏡を見ると、そこには変わり果てた自分の顔が映っていた。自分でも
おびえて鏡を投げ捨てると、「ちょっと、これ、どうなっているのよ? どうして
なのよ?」
 と声を上げて泣くので、家中の者達も大騒ぎした。
 侍女の一人が、
「これは、あちらの女が、旦那様が姫君を嫌になるように――と掛けた呪詛に違い
ありません。旦那様がこちらにおいでになったので、呪いで姫君のお顔がこうなっ
てしまったのでしょう」
 と言い、陰陽師を呼んで大騒ぎとなった。
 そのうちに、涙の流れたところが黒くない事に気付いた乳母が懐紙を揉み解して
拭き取ると、すっかり元に戻った。
 早とちりして「姫君が大変な事になってしまった」と騒いだ事は、返す返すおか
しな事である。

(了)
                                   ★

 タイトルにもなった「掃墨《はいずみ》」とは、胡麻油や菜種油の油煙を掃き落
として作った墨で、女性が眉を書く為に用いた化粧品です。その色は当然の事なが
ら黒色ですから、白粉と間違えて顔に塗れば――という訳です。
 個人的に「男」に都合のいい締めくくりであったのが少し気になりますが、とり
あえず「元の妻」にとっては「めでたしめでたし」と言ったところでしょうか。

 来週は、引き続き「堤中納言物語」から別の作品をご紹介します。
--------------------------------------------------------------------------
ジャンル:古典レビュー
メール :miztam@nifty.com
HP  :【山猫屋本舗】http://homepage3.nifty.com/miztam/
--------------------------------------------------------------------------

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*--
 ◆Inter_View 5 minutes【137】 
                    Guest/シリアルマスの堤崎仲次 氏       
                          作者:宇祖田都子 さん
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*--
before minute
遺伝子組み替え米で花粉症が治るという話が新聞に出てました。免疫系のTとB
を抑制するのだそうです。人間はいろいろやって自然環境に適応してきましたが、
もしかしたら、人間としての形を変えてまで適応しつづけようとする生物なのか
もしれないですね。ではお客様です。シリアルマスの堤崎仲次さんです。

first minute
M:解散はとても残念でした。もう、あの音は聞けないんだなと思うと。
T:シリアスマスの音としては、やり、つくした感があり、まして、一度、過去
を払拭しなければ、前進する術が無い名という点で、メンバーにも理解してもら
ったということです。
M:先月の解散ライブは鹿児島だったということですね。ライブハウスでしたね。
T:大きな箱では、我々の求めていた空気が作れない、という理由で、入れなかっ
たお客様には、たいへん申し訳が無いと思いましたが、それも、シリアルマスらし
いということで。

second minute
M:私はテレビかなにかの番宣で、シリアルマスのライブのもようがスポットで流
れて、「これは何だ。」と思ったんです。70年代の激しさを彷彿とさせるステージ
で、圧倒的なドラムと、かっこいいギターのリフレインにいっぺんに好きになりま
した。堤崎さんの、ロックらしからぬ風貌、というと失礼かもしれませんが、ビジ
ュあるで奇を衒わず、音が大事なんだという姿勢がとても好ましく映ったんです。
T:まず、勝負できるビジュアルかという、切実かつ単純な、造形上の特徴が、で
すね、その方向を閉ざしていたのではないでしょうか。もともとインディーズでや
ってきましたし、金は道具につぎ込むしかなかった、わけですから。

third minute
M:一昨年、爆発的なヒットとなったSuUkoから、メジャー進出なさって、その辺り
の事情は一変したのではないですか?
T:こんな、使い切らんとよ、とメンバーと、途方に暮れたのではなかったかと、記
憶して、おりますが、ツアー用の車を、ですね、全員が乗れる燃費の良いワゴンを、
購入して、あとは上手いものを食うのに、費やしました。
M:その後も一貫して、ライブハウスでの公演が続くわけですけれども、レコード会
社の方としては、アメリカツアーなんかもなさるくらいですから、もっと大きな所で
という要望は強かったのではないですか?
T:ひらに、ご勘弁を、とあらかじめお願いしておきましたので、その辺りは。我侭
を随分と聞いていただきましたので、恩義は感じております。

forth minute
M:シリアルマスの音は、継承されるのでしょうか?
T:曲を作っていまして、まだ今の状況ではやれないだろうとか、シリアルマスには
合わないだろう、というものも出来てしまう。それは私の曲であって、バンドの曲で
はない。少なくとも、今のバンドのレベルの曲ではない、というものが多多あり、
それらは、私の責任の上で、発表していくべきものなのだと思っとる、ということで。
M:生音にこだわる姿勢については?
T:アコースティックではないという意味で、もはや生という音はありえないんでし
ょう。マイクロフォンによって増幅された音でなけば聴衆には届かないという制約は
いかんともしがたく、従って、生音というものは、ライブという意味しかもち得ない
のではないか、しかし、そこにはこだわっていきたいという意志は強い、です。

final minute
M:詞についてですが、活動後期になるほど、楽器とボーカルの区別がなくなっていく
、これはボリュームレベルにおいて、ということですが、堤崎さんの叫びまくり、とい
う形も、ドラムとギターにからみあって、詞を耳で捕らえることができなかったんです。
CDには歌詞カードもついてないでしょう? 堤崎さんにとって、詞というのはどうい
う位置付けであったのか。これはシリアルマスにとって、とお聞きすべきかも知れませ
んが。
T:声というものは、やはり、感情の共鳴を導く最も有効な方法であると、考えていま
すし、それは個人的にもバンドでも変りはなかった、けれども、それは、ギター、ベース
ドラムス、と同一線上にあり、楽器では表現できない言葉というものに対しては、それ
らよりも重きをおくということはあり、得ないです。メッセージは詞にあるのではなく、
曲や、バンドの存在そのものにあるのであり、詞に対してほかが追随するというスタンス
を、私はとりたくは無いと思います。
M:もっとお話をうかがいたかったのですが。お時間です。今後の活躍を期待しています。

after minute
しゃべるときの堤崎さんは、言葉を選んでとても慎重で、丁寧なのです。あのライフしか
しらない人にはすごく意外だと思います。ギターをおいて町を歩いていたら、予備校生み
たい(怒られるかしら)な堤崎さんですが、そのギャップが、彼の魅力でもあるんです。

<<次回のお客様は出会い系 鈴木修さんです>>

--------------------------------------------------------------------------
種別  :小説短編
ジャンル:架空対談
作者名 :宇祖田都子
メール :cak87430@geocities.co.jp
HP  :非所持
--------------------------------------------------------------------------
---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*--
◆ 獏食 35.                         笑顔・・・

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*--
怖い夢を見ていて目がさめた。金縛りにあっていた。肩越しに顔が見えた。枕に
乗っている顔は、のっぺらぼうだった。それが笑っている。私は寝たままなのに、
すぐ後ろに顔がある。目も口も何にも無い顔。

獏満足度 ■■□□□ オードブルトシテツマミタイ・・・
 
_/_/ 編集後記 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
イッセー尾形と永作博美がやっていたシチュエーションコント、「くらげが眠るま
で」を見る機会があり、ビデオにとって三回みました。永作さんはすっかり女優で
すね。むかし、深夜にやっていた「猫の手も借りたい」をまた見たいんですが、ど
っかにないかな?工藤夕貴が出てたんですけど。(みやこたまち)
_/_/ KISARAGIについて _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■配信システム
 KISARAGIは「まぐまぐ」:http://www.mag2.com/で配信しています。
■登録解除の方法
  KISARAGIを解除するには、次のアドレスへアクセスしてフォームに記入を。
 -->http://miytako.hp.infoseek.co.jp
_/_/ 発行者について _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 編集者 みやこたまち
 E-mail :tamachim@yahoo.co.jp
 WebPage:http://www1.odn.ne.jp/~cak87430/index.html
--------------------------------------------------------------------------
 前編集者 仙ちゃん
 E-mail :slowhand@sea.plala.or.jp
 WebPage:http://www7.plala.or.jp/slowhand/
--------------------------------------------------------------------------
 初代編集者 牧瀬佑樹(マッキー)/スタック作家
 E-mail :macky@livrer.jp
 WebPage:http://www.livrer.jp/
><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><><>><><><><><><><><><><><><><><><

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/09/17
部数 45部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

KISARAGI

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/09/17
部数 45部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2017年に7000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億2000万円に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者7300人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング