日本僑報電子週刊

日本僑報電子週刊 第1305号★第13回日本語作文コンクール受賞作品集『中国の新しい魅力』ついに刊行!★


カテゴリー: 2017年12月06日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       日本僑報電子週刊 第1305号 2017年12月6日(水)発行
       http://jp.duan.jp  編集発行:段躍中(info@duan.jp)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★第13回日本語作文コンクール受賞作品集『中国の新しい魅力』ついに刊行!★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編者より

○ 今号のメルマガは、今年の第13回中国人の日本語作文コンクール(主催:日本僑報社・日中交流研究所)の受賞作品集となる『日本人に伝えたい中国の新しい魅力―日中国交正常化45周年・中国の若者からのメッセージ』の刊行について特集しました。

来たる12月12日(火)には、同コンクールの表彰式が北京の日本大使館で開催されます(下記参照)。年に一度の作文コンクールの集いとなります。

私たちは同日を、中国における「日本語の日」にしたいと昨年から提唱してきました。今年の12月12日は、表彰式と刊行されたばかりの受賞作品集を通して「日本語の日」をぜひ盛り上げていただければと思います。

当日は、100人を超える関係者が集います。日中両国のメディアも多数取材に訪れる予定です。皆さん、どうかご期待ください! 表彰式の模様は、北京から戻りしだいご報告する予定です。

○ 日本僑報社刊の話題書『悩まない心をつくる人生講義―タオイズムの教えを現代に活かす』(チーグアン・ジャオ著)が、中国で出版されている日本語総合月刊誌『人民中国』に1年にわたり連載され、最新12月号で12回の連載に幕を閉じました(下記参照)。

この場をお借りして、人民中国雑誌社とご関係の皆様に厚く御礼申し上げます。連載記事は、すでに弊社サイトにアップされています。http://jp.duan.jp/215.html 

未読の方はぜひお読みいただくとともに、さらに詳しい内容については本書『悩まない心をつくる人生講義』をご覧いただけましたら幸いです。

年2月には日中翻訳学院「武吉塾」第19期公開セミナーで、掲載誌面をパネルにして展示します。本書の翻訳を担当した日中翻訳学院の町田晶さんに、本書のポイントや翻訳の感想などについて発表していただく予定です。どうぞお楽しみに!

○ 日本と中国の研究者や市民らが学問の研究成果を通じて交流を深める「北京日本人学術交流会」(山口直樹代表)がこのほど、北京市内で300回の節目となる研究会を開催されたそうです。300回記念の開催、誠におめでとうございます。

私もずいぶん前になりますが、同交流会で弊社の取り組みなどについて報告したことがあり、懐かしく思い出しました。中国でこうした草の根交流を続ける日本の友人の頑張りには、心より敬意を表します。そして日中民間交流が、こうした地道な活動で支えられていることに改めて思いを致しました。この場をお借りして、これからも益々のご発展をお祈り申し上げます。

※ 関連記事『人民中国』「北京日本人学術交流会300回達成」http://www.peoplechina.com.cn/zrjl/jdxw/201711/t20171109_800109525.html 

※ 来週のメルマガは、第13回「中国人の日本語作文コンクール」表彰式の開催などで北京に出張するため、1号お休みさせていただきます。次号の配信は12月20日(水)で、表彰式の模様や北京での活動を報告する予定です。どうぞご期待ください。

2017年12月6日
段躍中

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1)第13回作文コンクール受賞作品集『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』が刊行!
http://duan.jp/item/252.html 

2)『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』 編者紹介など
http://duan.jp/item/252.html 

3)『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』 作家・石川好氏「推薦の言葉」(抜粋)
http://duan.jp/item/252.html 

4)『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』 目次(抜粋)
http://duan.jp/item/252.html 

5)第13回「日本語作文コンクール」表彰式、北京の日本大使館で開催へ 12/12
http://duan.jp/news/jp/20171128.htm 

6)話題の最新刊『「一帯一路」詳説』、アマゾンのベストセラーに
http://duan.jp/item/231.html

7)【最終案内】「2017年中国留学経験者の集い&『忘れられない中国留学エピソード』入選作品集発刊式」のお知らせ
http://duan.jp/news/jp/20171124.htm

8)【日中翻訳学院】「武吉塾の思い出」原稿を募集! 第1次締切を12/30に
http://fanyi.duan.jp/ 

9)【日中翻訳学院】武吉塾「第19期公開セミナー」、2018年2月開催へ
http://jp.duan.jp/event/2018.02.17_takeyoshi-19.pdf 

10)【公開セミナー】『悩まない心をつくる人生講義』年間連載終了、展示会を開催へ
http://duan.jp/item/215.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)第13回作文コンクール受賞作品集『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』が刊行!
http://duan.jp/item/252.html 

【日本僑報社発】日本僑報社はこのほど、今年の第13回日本語作文コンクールの受賞作品集となる『日本人に伝えたい中国の新しい魅力―日中国交正常化45周年・中国の若者からのメッセージ』を刊行した。12月中旬より発売される予定。

本書には、第13回コンクールに中国各地から寄せられた作品計4031本のうち、3等賞以上を受賞した81本を掲載している。
今回の応募テーマは(1)日本人に伝えたい中国の新しい魅力 (2)中国の「日本語の日」に私ができること (3)忘れられない日本語教師の教え――の3つ。
最優秀賞に選ばれた宋妍さんの作品「『日本語の日』に花を咲かせよう」は、東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」のビデオ制作活動を知り、周囲の人たちを誘って実際に歌った経験を交えて「日本語の日」こそこの歌を届けたいと、復興を目指してがんばる日本人への温かな励ましの気持ちを綴っている。
今を生きる中国の若者たちのリアルな「本音」「生の声」が満載! 中関係の未来への明るい希望を感じ取ることができる一冊だ。

■『日本人に伝えたい中国の新しい魅力―日中国交正常化45周年・中国の若者からのメッセージ』
 編 者: 段躍中(だんやくちゅう)
 出 版: 日本僑報社
 判 型: A5判 288頁 
 定 価: 2000円+税
 発 行: 2017年12月12日
 ISBN 978-4-86185-252-7  9784861852527
 注文先 http://duan.jp/item/252.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2)『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』 編者紹介など
http://duan.jp/item/252.html 

【中国人の日本語作文コンクールとは】
日本僑報社・日中交流研究所が主催する「中国人の日本語作文コンクール」は、日本と中国の相互理解と文化交流の促進をめざして、2005年にスタート。中国で日本語を学ぶ、日本に留学経験のない学生を対象として、2017年で第13回を迎えました。この13年で中国全土の300校を超える大学や大学院、専門学校などから、のべ3万7202名が応募。中国国内でも規模の大きい、知名度と権威性の高いコンクールへと成長を遂げています。作文は一つひとつが中国の若者たちのリアルな生の声であり、貴重な世論として両国の関心が集まっています。

【編者紹介】段 躍中(だん やくちゅう)
1958年中国湖南省生まれ。中国の有力紙「中国青年報」記者・編集者などを経て、1991年に来日。2000年、新潟大学大学院で博士号を取得。
1996年「日本僑報」を創刊、1999年出版社「日本僑報社」を設立し、刊行書籍は計350点を超える。
2005年から日中作文コンクールを主催、2007年8月から星期日漢語角(日曜中国語サロン)、2008年9月から日中翻訳学院を主宰している。
2008年小島康誉国際貢献賞、倉石賞受賞。2009年外務大臣表彰受賞。
日中交流研究所長のほか、立教大学特任研究員、湖南大学客員教授、北京大学特約研究員など兼任。主な著書に『現代中国人の日本留学』『日本の中国語メディア研究』など。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3)『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』 作家・石川好氏「推薦の言葉」(抜粋)
http://duan.jp/item/252.html 

石川 好(作家、元新日中友好二十一世紀委員会委員、日本湖南省友の会共同代表)

……毎回のことながら、中国の学生たちの日本語表現力の高さにまず驚かされます。そして、言語学習を通じての日本の社会や文化についての理解の深さ、鋭さにも心底感心させられます。さらには、そうした優秀作の数々を通して、中国の現状や文化に対する私たち日本人の理解がいかに偏っているかを思い知らされるのです。
その意味で、このコンクールは日本語を学ぶ中国の学生たちのレベルアップにつながるとともに、私たち日本人にとっても作文集などを通じて「今の中国」や「本当の中国人」を身近に感じることのできる貴重な機会になるのです。
(中略)
日本の皆さんには「日本人に伝えたい中国の新しい魅力」に代表される中国の若者の心からのメッセージを、どうか真正面から受け取ってください。そして改めて知られざる中国の魅力や面白さ、不思議さを知り、再認識していただけたら幸いです。
長い歴史的なつきあいのある隣国を「近くて遠い国」と評することがありますが、本書に収められた入賞作は「隣国を遠ざけて考える要因がどこにあるか」を知る手がかりを与えてくれることでしょう。要は、互いに絶え間なく理解を深めること、これに尽きるような気がします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4)『日本人に伝えたい中国の新しい魅力』 目次(抜粋)
http://duan.jp/item/252.html 

推薦の言葉  石川 好
上位入賞作品
◆ 最優秀賞(日本大使賞)
「日本語の日」に花を咲かせよう  河北工業大学 宋妍

◆ 一等賞
日本人に伝えたい中国文化のソフトパワー  浙江工商大学 邱吉
走り続けるということ  中南財経政法大学 張君恵
中国の「日本語の日」に私ができること  青島大学 王麗
里美ちゃんへの返事 ―中国の新しい魅力「環境保護の価値観」 上海理工大学 黄鏡清
故きを温ねて新しきを知る  東北大学秦皇島分校 林雪婷(女へんに亭)

◆ 二等賞
イチジクへの未練  青島大学 王曽芝
私も「赤めだか」  南京農業大学 劉偉婷(女へんに亭)
中国の民謡を味わいませんか  青島農業大学  孫夢瑩
弄堂と猫 ―人情あふれる上海  同済大学 汝嘉納
町の味  中国人民大学 王静昀
日本人に伝えたい「土楼」の新しい魅力
―土楼の客家が「客」ではなくなったことこそ、世界遺産に 国際関係学院 余催山
忘れられない日本語教師の教え  天津科技大学 李思萌
僕の見る「教師」という職業  大連東軟信息学院 李師漢
「高級」先生  武昌理工学院 劉淑嫚(女へんに曼)
緑の汽車に乗って、旅に出よう  武昌理工学院 賀文慧
自由な世界へようこそ  ハルビン工業大学 杜玟君(王へんに文)
話芸の魅力である中国の漫才  江西財経大学 王智群
忘れられない日本語教師の教え  青島職業技術学院 趙景帥
この日、詩は面白いぜ  華僑大学 欧嘉文
日本人の知らない中国の「美食」  上海交通大学 陳艶
(以下略)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5)第13回「日本語作文コンクール」表彰式、北京の日本大使館で開催へ 12/12
  http://duan.jp/news/jp/20171128.htm 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中交流研究所主催の第13回「中国人の日本語作文コンクール」の表彰式と日本語スピーチ大会が12月12日午後、北京の日本大使館で、横井裕大使、上位入賞者らの出席のもと開催される。
(表彰式共催:日本大使館、コンクール協賛:株式会社ドンキホーテホールディングス、東芝国際交流財団、メディアパートナー:朝日新聞社) 

2005年にスタートし13年目を迎えた今回のコンクールには、中国各地の189校から計4031本もの作品が寄せられた。
日中関係は今年、国交正常化45周年の節目の年を迎え、この重要な機会を生かして一層の関係改善を図ろうとする期待が高まった。こうした前向きな両国関係の背景をとらえ、中国で日本語を学ぶ若者たちの日本語学習熱が一定して高いことが示された形となった。

外部有識者を含む審査員による3次にわたる厳正な審査を経たのち、最終審査は、最優秀候補と1等賞候補の計6作品を北京の日本大使館に送付。横井裕大使ご自身による審査で最優秀賞・日本大使賞受賞者が決定された。
最優秀賞・日本大使賞を受賞した宋妍さんの作品「『日本語の日』に花を咲かせよう」は、東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」のビデオ制作活動を知り、周囲の人たちを誘って実際に歌った経験を交えて「日本語の日」こそこの歌を届けたいと、復興を目指してがんばる日本人への温かな励ましの気持ちを綴ったもの。

受賞した宋妍さんは「多くの作品から選ばれ、涙がこぼれ落ちるほどうれしかった。日中友好のためにチャレンジした小さなことが認められたようで感動した」。そしてこれからも「今やっている『花は咲く』活動などを続け、日中友好に尽力するとともに日本語能力をさらに向上させたい」とさらなる意欲を燃やしている。

この宋妍さんの作品を含む3等賞受賞作までの計81本は、第13回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集として1冊の本にまとめられた(12月中旬発売予定)。今を生きる中国の若者たちのリアルな「本音」「生の声」からは、日中関係の未来への明るい希望を感じ取ることができるだろう。

表彰式(第1部)では、横井大使より日本大使賞が授与されるほか、一等~三等までの上位入賞者に賞状・賞品が授与される。続いて最優秀賞と一等賞の受賞者(計6人)が日本語によるスピーチを行い、日ごろの学習の成果を披露する。
また協賛企業・団体などの来賓よりそれぞれ祝辞をいただくほか、日中交流研究所の段躍中所長がコンクール開催について詳しく報告する。 

第2部では、2015年に創設した「優秀指導教師賞」を発表し、受賞者に賞状と記念品を授与する。これはコンクール三等賞以上の受賞者を育てた日本語教師の日ごろの努力とその成果をたたえるもの。当日は、一等賞以上の受賞学生を指導した教師それぞれに、「指導体験」を披露していただく予定だ。

表彰式は、多くの日中大手メディアが取材を予定している。熱意あふれる中国の日本語学習者の「生の声」がうかがえる、年に一度の式典だ。当日または当日前後の各メディアの報道に、どうかご期待いただきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6)話題の最新刊『「一帯一路」詳説』、アマゾンのベストセラーに
  http://duan.jp/item/231.html

【日本僑報社発】日本僑報社の話題の最新刊『習近平主席が提唱する新しい経済圏構想「一帯一路」詳説』が12月2日から3日、オンライン通販・アマゾンジャパンの「売れ筋ランキング」の第10位(「中国」カテゴリー)にランクされていたことが同日、わかった。

今年5月、アジアとヨーロッパをつなぐ巨大な経済圏構想「一帯一路」をテーマにした初めての国際会議「一帯一路国際協力サミットフォーラム」が北京で開催され、「構想の実現が地域や世界の経済発展につながる」と強調した中国の習近平国家主席の演説が、世界の注目を集めた。
本書は話題の「一帯一路」について、中国人民大学国際関係学部教授で欧州連合(EU)研究センター主任などを務める国際関係学者、王義ウェイ(ワン・イーウェイ、ウェイは木へんに危)教授が、初めて国際関係の角度から多角的に解き明かしたもの。
王氏は「一帯一路」に期待されるチャンスと予想されるリスクについて、それぞれ事実に基づき客観的かつ公正に分析。
その上で、構想の実現に関して「政策・道路・貿易・金融・民心」が通じる「五通」をもって、各国・地域が政治や経済、文化の違いを乗り越え「利益・運命・責任の共同体」を築き上げようと主張する。
中国シンクタンクの研究員も務める、国際関係学の権威による「一帯一路」論。中国主導の巨大経済圏構想の過去・現在・未来を知る上で欠かせない一冊だ。
この秋開かれた5年に一度の「中国共産党大会」に合わせて発売され、中国を知るためのタイムリーな出版と好評を博している。

【内容紹介】
今年5月に「一帯一路」サミットが北京で開催され、29カ国の首脳と130カ国以上の政府代表団が参加した。日本からは自民党の二階俊博幹事長や経団連の榊原定征会長らが出席した。
「一帯一路」とは具体的に何であるか?
本書は中国の習近平国家主席が提唱する新しい経済圏構想「一帯一路」について、その趣旨から、もたらされるチャンスとリスク、さらには実現に向けた方法まで多角的に解説している。これからの日本及び中国と世界経済の動きを捉える上で重要な1冊である。

■『「一帯一路」詳説―習近平主席が提唱する新しい経済圏構想』
著者 中国人民大学教授 王義ウェイ(ワン・イーウェイ、ウェイは木へんに危)
訳者 日中翻訳学院 川村明美
出版 日本僑報社
判型 四六判 288頁 (並製本)
定価 3600円+税
ISBN 978-4-86185-231-2  9784861852312
注文先 http://duan.jp/item/231.html 

【著者紹介】王義ウェイ(ワン・イーウェイ、ウェイは木へんに危)
1971年生まれ。現在、中国人民大学国際関係学部教授、同大学国際事務研究所所長、重陽金融研究所シニアフェロー。このほか多くのシンクタンクに籍を置く。「一帯一路」研究の第一人者として、著書や論文を多数発表。本書は著者初の邦訳本である。

【訳者紹介】川村明美(かわむらあけみ) 日中翻訳学院
横浜市出身。早稲田大学第一文学部美術史学科卒業後、記者として新聞社に10年以上勤務。北京の首都経済貿易大学に留学も。現在はフリーの翻訳者として活動中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7)【最終案内】「2017年中国留学経験者の集い&『忘れられない中国留学エピソード』入選作品集発刊式」のお知らせ
 http://duan.jp/news/jp/20171124.htm

駐日中国大使館は12月8日、東京・港区の同大使館で「2017年中国留学経験者の集い&『忘れられない中国留学エピソード』入選作品集発刊式」を開催します。
中日国交正常化45周年の節目の年に、中国留学経験者たちが一堂に集い「留学生活の思い出話や帰国後の活躍ぶりを語り合い、中日友好と協力関係の発展について意見交換」することを目的としています。
中国留学経験者であれば、どなたでも参加可能(参加費無料)。
定員は250名(原則として先着順)。
詳細は、中国大使館サイトの「2017年中国留学経験者の集いのご案内」でご確認の上、所定の申込書に必要事項を明記して、同大使館メールアドレス宛お送りください。
よろしくお願いいたします!

◆「2017年中国留学経験者の集いのご案内」(中国大使館サイト、参加申込)
http://www.jiaoyuchu.org/publish/portal112/tab5732/info134474.htm

◆『忘れられない中国留学エピソード』に入選された方で、同集いに参加される方は、弊社事務局にも参加の旨、ご一報ください(入賞者に賞状と刊行書籍をお贈りします)。よろしくお願いいたします。
※ 日本僑報社事務局(参加される方はご連絡ください): 45@duan.jp 

◆ 日中対訳『忘れられない中国留学エピソード/難忘的中国留学故事』
日本僑報社は、日中国交正常化45周年の節目の年に当たる2017年、これを記念して、日本の中国留学経験者を対象とした第1回「忘れられない中国留学エピソード」コンクールを開催しました。本書には入賞作を含め計48本を収録。いずれも経験者以外あまり知られていない中国留学の楽しさ、つらさ、意義深さ、そして中国の知られざる魅力などを紹介するユニークな作品の数々です。これをより多くの方々、特に若い世代の皆さんに伝えたいと思い、日中対訳版としてまとめました。心揺さぶる感動秘話や驚きの体験談など、リアル中国留学模様をお届けします!

――日中国交45周年記念・第1回「忘れられない中国留学エピソード」受賞作品集。
心揺さぶる感動秘話や驚きの体験談48本を収録!
 http://duan.jp/item/243.html 
著 者:近藤昭一、西田実仁 など48人
編 者:段躍中
出 版:日本僑報社
判 型:A5判 272頁
定 価:2600円+税
発行 2017年12月18日
ISBN 978-4-86185-243-5  9784861852435

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8)【日中翻訳学院】「武吉塾の思い出」原稿を募集! 第1次締切を12/30に
  http://fanyi.duan.jp/ 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中翻訳学院は、翻訳家の武吉次朗先生が講師を務める中文和訳の通信講座「武吉塾」が来年第20期を迎えることから、記念企画として武吉塾の思い出の文章を募集します。
「武吉塾で学んだこと」「武吉塾と私」「武吉塾の思い出」などをテーマに、武吉塾での学びや出版翻訳で修得した翻訳のノウハウについて受講生に寄稿してもらい、一定の選考を経た上で、1冊の本にまとめようという企画です。

 武吉先生の人気シリーズ『翻訳必携 実践編』(日本僑報社)の第4弾として、来年8月18日(土)に開催される武吉塾第20期公開セミナーに合わせて刊行する予定。
応募作が掲載された方には、もれなく作品集を一冊贈呈いたします。

★よりよい作品集を制作するために、一定の時間を要します。そこで、当初予定の締め切り(2018年4月10日)を段階的に分けることとし、第1次締切を2017年12月30日(土)、第2次締切を2018年2月末、最終締切を同年4月10日(火)=最終締切の対象は、原則として第20期の新規受講生のみ=とします。

“翻訳力”を伸ばした武吉塾での発見や、貴重な出版翻訳体験談など、あなたの思い出をぜひご紹介ください。受講生のかけがえのない記憶の共有が、翻訳者全体のレベルアップにつながるに違いありません。
皆さん、どしどしご応募ください! 募集内容は以下の通り。

■『翻訳必携 実践編4』―「武吉塾の思い出」原稿募集について

◆テーマ:「武吉塾で学んだこと」「武吉塾と私」「武吉塾の思い出」など。
◆対象者:「武吉塾」を何期も受講した人のほか、第18期~20期の新規受講者全員。
◆書いてほしい内容:
☆何期を受講しましたか?
☆いま翻訳の仕事をしていますか?   経常的に / 不定期に
仕事の内容:図書翻訳、教育、ビジネス、特許、TV字幕、医療、観光、興行、
その他(       )
☆受講によりレベルアップを実感していますか?
☆いちばんの収穫は何ですか?(具体例をあげて説明してください)
☆受講は、今のお仕事にどのように役立っていますか?
☆もっと訳してみたかったジャンルは何ですか?
☆図書翻訳をされた方は、成功例と失敗例について、ぜひ具体的にご紹介ください。

◆その他の事項:
☆仮名でも結構です
☆最低1000字から2000字をメドに書いていただきますが、オーバーしても構いません。
☆締め切り:段階的に設定します。
第1次締切:2017年12月30日(土)
第2次締切:2018年2月末
最終締切:4月10日(火)=最終締切の対象は原則として第20期の新規受講生のみ。
添付ファイルで日中翻訳学院宛( fanyi@duan.jp )に送ってください。 

※ 日中翻訳学院 fanyi@duan.jp 
☆応募作が掲載された方には、本書を一冊贈呈します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9)【日中翻訳学院】武吉塾「第19期公開セミナー」、2018年2月開催へ
  http://jp.duan.jp/event/2018.02.17_takeyoshi-19.pdf 

【日本僑報社発】日本僑報社・日中翻訳学院は、翻訳家の武吉次朗先生が講師を務める中文和訳の通信講座「武吉塾」の第19期公開セミナーを2018年2月17日(土)午後、東京豊島区西池袋の「IKE・Bizとしま産業振興プラザ」(旧勤労福祉会館)第三会議室で開催します。
今回は、武吉先生による「武吉塾」第19期の添削を終えての総評をはじめ、第五回翻訳新人賞授与、翻訳体験談の披露、出版翻訳の進展報告、新規翻訳書の紹介――などを予定。続く自由懇談では、武吉先生を交えて全国各地から参加した受講者たちが翻訳をめぐり自由に意見交換をします。
「出版翻訳のプロ」を目指す多くの受講生たちと、実際の交流や情報交換を通して、モチベーションアップと翻訳のスキルアップにつなげることのできるチャンス!
詳細は下記の通り。皆様、ふるってご参加ください。

日時:2018年2月17日(土)午後2時~4時30分(1時30分より受付)
会場:IKE・Bizとしま産業振興プラザ(旧勤労福祉会館)第三会議室
〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-37-4
http://www.city.toshima.lg.jp/121/machizukuri/sangyo/005132.html 
電話:03-3980-3131 
主催:日本僑報社・日中翻訳学院(お問い合わせ電話番号:03-5956-2808)
http://fanyi.duan.jp/ 
定員:50名(先着順。武吉塾受講者のほか、ご興味のある方はどなたでも参加できます)
会費:1000円(資料と茶菓子代。当日受付で申し受けます)
申込方法:メールで日中翻訳学院事務局( fanyi@duan.jp )宛にお名前とご連絡先(ご住所・お電話番号)をご記入の上、お申し込みください。

【武吉次朗先生 ご紹介】武吉次朗(たけよし・じろう)
1958年、中国から帰国。日本国際貿易促進協会相談役、中国研究所顧問、元摂南大学教授。これまで東京・大阪・横浜で翻訳講座を主宰。
主な著書は『日中・中日翻訳必携』及び『日中中日翻訳必携 実戦編』『日中中日翻訳必携 実戦編2』(日本僑報社)、『新版・現代中国30章』(共著、大修館書店)など。
主な訳書は『中国投資問答』(研究社)、『盲流』(東方書店)、『新中国に貢献した日本人たち』『中国の歴史教科書問題』(以上日本僑報社)、『中日友好随想録 孫平化が記録する中日関係 上下』(日本経済新聞出版社)など。監訳多数。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10)【公開セミナー】『悩まない心をつくる人生講義』年間連載終了、展示会を開催へ
http://duan.jp/item/215.html 

【日本僑報社発】日本僑報社刊の話題書『悩まない心をつくる人生講義―タオイズムの教えを現代に活かす』(チーグアン・ジャオ著)が、中国で出版されている日本語総合月刊誌『人民中国』に1年にわたり連載され、最新12月号で12回の連載に幕を閉じました。

『悩まない心をつくる人生講義』は、難解な老子の哲学を分かりやすく解説し、米国の名門カールトンカレッジで好評を博した名講義を書籍化。人生の本質を冷静に見つめ、本当に大切なものを発見するための一冊。
元国連事務次長の明石康氏は、「人生はたしかに悲劇や不幸に充ちているが、距離をとってみると宇宙の壮大さの中で前向きに生きる意味がわかってくる気がする。澄み切った知性から生まれた老子の哲学が与えてくれるものは多い」と推薦の言葉を寄せています。

この1年間の連載を記念して、2018年2月17日に東京都内で開催する日中翻訳学院「武吉塾」第19期公開セミナーで、併せて展示会を開催します。
本書の翻訳を担当した日中翻訳学院の町田晶さんに、『悩まない心をつくる人生講義』のポイントなどについてわかりやすく解説していただく予定です。
どうぞご期待ください!

※ 日中翻訳学院「武吉塾」第19期公開セミナー
http://jp.duan.jp/event/2018.02.17_takeyoshi-19.pdf 

※『悩まない心をつくる人生講義―タオイズムの教えを現代に活かす』
チーグアン・ジャオ著、町田晶訳(日中翻訳学院)、日本僑報社刊
http://duan.jp/item/215.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★編集・発行:日本僑報社 http://jp.duan.jp/ 
★登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000005117.html 
★段躍中微博:http://weibo.com/duanjp 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本僑報電子週刊

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/06
部数 1,755部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

日本僑報電子週刊

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/06
部数 1,755部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング