異業種人交流会eXe News Letter

[eXe/名古屋【月刊】4月号(4/8)]


カテゴリー: 2017年04月06日
========================================================================
■■◆◆■■【eXe NewsLetter】           Vol.537☆2017/04/06版
■★ ◆ ■★ http://www.exe-nagoya.net/  発行:eXe事務局広報プロジェクト
■■◆◆■■    〒461-0003 愛知県名古屋市東区葵3-3-8 サンアピック503
========================================================================

皆さま、こんにちは。

直前の案内になりましたが、4月の【月刊】勉強会は通常通りに
第二土曜日の8日(土)に開催します。

なお、都合により開始時間は20:00からになります。
どうぞよろしくお願いいたします。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

■日時:4月8日(土) 20:00~22:00頃

■場所:eXe
    http://www.exe-nagoya.net/
    地下鉄桜通線 車道駅下車1分

    名古屋市東区葵3-3-8 サンアピック503
    052-696-8249

■概要:主に先月の経済ニュースをあれこれ振り返って世間様を学ぶ。
    座談会みたいな感じの、とても『あっとほーむな勉強会』です。

■幹事:YY( pba02263@nifty.ne.jp )
    YASUBEE ( yasubee@infonia.ne.jp )

■費用:exe非会員の方は会場使用料として500円。
    飲食物は用意しませんが持ち込みは大歓迎です!!

■参加資格:社会人として常識的な礼儀や仁義を心得ていること。
      オフ会・勉強会初めての方、大歓迎します。
      「とりあえず見学」でも大丈夫。

 ★当日は以下の部分をプリントアウトして、興味のある記事にマーキング
  して持ってきてください。

  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

東芝、決算発表3回目の延期か 監査法人が疑義
----------------------------------------------------------------------
 東芝が、2016年度第3四半期決算について、提出期限の今月11日の発表が難
しくなり、延期する公算が大きくなっている。複数の関係筋が1日、明らかに
した。延期なら3回目となる。今年度から同社の監査を担当しているPwCあらた
監査法人が、15年度決算について疑義を指摘しているもようだ。

 東芝は3月14日、米原発子会社ウエスチングハウス(WH、今月29日米連邦破
産法11条の適用申請)で一部経営者による不適切な行為が存在、追加の調査が
必要だとして、関東財務局に今年度で2回目となる延期を申請し承認された。
2月14日にも同様の理由で決算発表を延期していた。

 今回、3回目の延期の可能性が出ているのは、監査法人側からの指摘で、15
年度の決算見直しの必要性が浮上しているとみられている。ある関係筋は、
WH内での不適切行為の発覚とその調査を理由とした2回の決算延期は「言い訳
に過ぎない」と指摘している。

 東芝は15年度の決算について、WHを含む原子力事業で約2500億円の減損を実
施したが、その理由は、不正会計問題に伴う業績の大幅悪化で財務体質が悪化、
資金調達が不利になったためと説明。原発事業の不振によるものではないとの
見解を強調していた。

 ところが、昨年12月27日、東芝はWHが米国で手掛ける4基の原子炉の建設で
「数千億円規模の損失が出る可能性がある」と突然、発表。その3カ月後の3月
29日、WHは連邦破産法11条の適用を申請し、東芝は2016年度に約1兆円の純損
失を計上する可能性がある。

 会計や原子力の複数の専門家は、このような巨額損失が今年度に突然、発生
したものとではなく、以前からコストの上振れや工期の延期などの損失要因が
積み重なっていたと指摘していた。

 別の関係筋によると、昨年末の段階では事業は順調としていたWHが突然、経
営破たんに至ったことについて、WHに関する会計処理が適切だったのかどうか
も含め、PwCあらた監査法人側は、15年度に遡って調査する必要性を東芝側に
伝えているもようだ。

 決算発表の延期の可能性について、東芝のコメントは得られていない。


楽天と日本郵便、再配達削減に向けて連携を強化
----------------------------------------------------------------------
 楽天と日本郵便は4月5日、EC物流における不在再配達削減に向けて、配送・
受取の効率化等さまざまな施策を検討するため、両社の連携を強化することを
発表した。

 両社はこれまでも、ゆうパックの受取りができる宅配ロッカー「はこぽす」
やコンビニエンスストア、楽天が提供する商品受取りロッカー「楽天BOX」に
おいて、「楽天市場」での購入商品の受取りに関して協業し、EC物流及び配送
における効率化について試行や検討を続けてきた。しかしながら、宅配に占め
る不在再配達の比率は依然として高く、今回の連携強化に至ったという。

 両社は、ECサービスの利用者が不在を気にせずに、商品を一度で確実に受け
取れるようなラストワンマイル配送サービスの仕組みの整備や施策を検討して
いく。

 その内容は、拠点受取サービスの拡充(コンビニエンスストア、郵便局、は
こぽす、楽天BOXでの受取)、指定場所配達サービスの実施、通知サービスの充
実、1回で受け取った際の楽天スーパーポイントの付与。なお、本施策を推進
するため、「楽天市場」の出店店舗向けに共同で営業を行い、特別運賃の提供
も開始するとのこと。


第四・北越、経営統合へ基本合意
----------------------------------------------------------------------
 新潟県内地銀最大手の第四銀行(新潟市中央区)と2番手の北越銀行(長岡
市)は5日、経営統合に向けて協議を進めることで基本合意した。2018年4月を
めどに共同持ち株会社「第四北越フィナンシャルグループ(FG)」を設立し、
両行が傘下に入る。20年をめどに合併する方針。経営の効率化を進め、統合効
果を地元に還元することで本県経済の活性化を目指す。

 両行が5日午前、それぞれ取締役会を開いて決議。午後に新潟市中央区内で
開いた記者会見で発表した。

 第四北越FGの本店所在地は長岡市、主な本社機能を新潟市に置く。会長に北
越銀の荒城哲頭取、社長には第四銀の並木富士雄頭取が就任する。第四銀と北
越銀は同FGの完全子会社となり、合併までは現在の行名で営業を続ける。

 今後、両行で統合準備委員会を設置。持ち株会社の統合比率などを協議し、
最終契約までに決定する。最終契約の締結は10月を予定している。

 会見で第四銀の並木頭取は「それぞれの強みを生かして経営課題に対処する
ことが、地方銀行としての役割・使命を永続的に果たすことにつながる」と述
べた。北越銀の荒城頭取は「経営統合を通じて顧客の利便性向上や両行の企業
価値の最大化を図りたい」と話した。

 2016年12月末の両行の連結総資産は単純合計で8兆4千億円近くに上り、上場
地銀の総資産順位では全国16番目の規模になる。


シャープ亀山工場、4000人に人員倍増
----------------------------------------------------------------------
 シャープ幹部は6日、亀山工場(三重県亀山市)の人員を大幅に増やす意向
を明らかにした。幹部は「倍増させたい」としている。同工場は液晶パネルの
主力拠点だが、今後は米アップル向けなどのスマートフォン(スマホ)用カメ
ラ部品の生産も始める計画で、この分野を中心に人を増やすもようだ。亀山工
場では2016年12月末時点で2067人(連結ベース)が働いている。

 増員は、現状では少ない期間労働者などを含め、新規の雇用で対応する方針。
また他の事業部からの配置転換も実施する。7月以降に本格的に増員し、4000
人規模に増やす見込み。幹部は「新規事業などで人が必要になる」と述べた。

 中小型液晶パネルは、生産の自動化が進んでおり人手はあまり必要ない。だ
が生産を始める予定のカメラ部品は組み立てなどの手作業が必要となるため、
製造担当の人員を増やす必要がある。


USJ好調、2016年度来園者は過去最多 TDRは2年連続前年割れ
----------------------------------------------------------------------
 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の2016年度来園者数は3年連続で
過去最多を更新したことが分かった。新アトラクションや様々なコラボ企画が
ヒットし、コト消費需要の取り込みが出来たことが要因と見られる。一方オリ
エンタルランドの運営する東京ディズニーリゾート(TDR)は2年連続の前年割
れとなった。

 USJの2016年度来園者数は1460万人となった。6年連続の増加、3年連続の過
去最高更新と勢いは止まらない。15周年という節目の年であったUSJであるが、
好調の背景には複数の要因がある。

 まずは新アトラクションの投入である。2014年の「ハリー・ポッター」エリ
アの開業や2016年の新型ジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」
など、次々と新アトラクションを投入している。今月21日からは人気映画「ミ
ニオンズ」にちなんだエリアを新しくオープンさせる予定となっており、任天
堂とタッグを組み、東京オリンピックまでに「マリオ」の新エリアをオープン
させる事も発表している。矢継ぎ早に新アトラクションを導入する事が人気維
持に繋がっている。

 また、様々な人気キャラとタイアップしたイベントを行っている事も人気の
理由である。「エヴァンゲリオン」や「名探偵コナン」、「ドラゴンクエスト」
等の人気作を使ったイベントだけでなく、人気アイドルグループ「AKB48」の
常設ライブもパーク内で行った。多種多様なイベントの開催も集客増に寄与し
ている。

 更に、コト消費の需要が高まっている事もUSJの好調を後押しする。所有を
目的とするモノ消費から経験や体験を目的とするコト消費への消費動向の変化
が指摘されている。USJは様々な企画を打ち出す事で、需要の変化を的確に捉
えている。訪日外国人の消費動向にも同様の変化が見られ、USJは訪日外国人
の取り込みにも成功している。調査会社のRJCリサーチがナイトレイと共同で
調査した「インバウンドレポート2016」によると、2016年の訪日外国人のSNS
での発信はUSJからの投稿が最多であった。

 一方、TDRの入園者数は伸び悩んでいる。2016年度の入園者数は3000万人と
過去最高となった2014年度を境に2年連続前年割れとなった。TDRも東京ディズ
ニーシーが15周年の節目であったが、2016年4月の値上げや前半の悪天候が影
響した。

 しかし、TDRの減少幅は前年度比0.6%であり、依然過去最高水準にある。今
後は新アトラクション建設を含めた投資を行い、東京オリンピックに向けた訪
日外国人客の取り込み等により、成長軌道に戻す戦略を描く。

 好調のUSJにも懸念材料はある。2017年2月には入場料の値上げを行った。
今後は値上げの影響で客足が遠のくリスクもある。これまでのようにゲスト
を飽きさせないイベントを継続して打ち出していく事も簡単では無い。更に
4月には51%の発行済み株式を保有する米コムキャストが残りを米ゴールドマ
ン・サックス等から買い取り、完全子会社化する。完全子会社化により、経
営方針が変わる可能性もある。

 足下は好調のUSJと停滞気味のTDRという構図となっている。テーマパーク
業界は2020年の東京オリンピックまでの需要増を見据え、今後競争は激しく
なっていく。オープンしたばかりの「レゴランド」といった第三勢力もある
中、勢力図がどのように変化していくかに注目である。


ゆるキャラ・ドローン… 足りぬ研究費、アイデアで稼ぐ
----------------------------------------------------------------------
 研究者が予算確保に苦労する中、自前の資金調達に動き出した人たちがいる。

 慶応大特任講師の堀川大樹さん(39)は研究対象のクマムシをモデルに、丸
くて愛嬌(あいきょう)のあるキャラクター「クマムシさん」を考案し、グッ
ズ販売で研究費を稼いでいる。

 クマムシは体長1ミリ未満。放射線、超低温や乾燥にさらされると丸まって
縮み、体内の水分を減らして「乾眠」という状態に。極限環境で生き抜くこと
から、「最強生物」と呼ばれる。堀川さんは神奈川大理学部の研究室でクマム
シに出合い、「歩き方がかわいくて、仮死状態になってもすぐに生き返るとこ
ろがかっこいい」ととりこになった。北海道大や東大などの研究室を転々とし、
研究を重ねた。

 博士の学位を取るまでは順調だったが、当時クマムシを研究対象とする研究
室はほとんどなく、就職先が見つからなかった。半年間、ほぼ無給で博士研究
員を務めた。NASAのシンポジウムで学生賞を受賞し、アメリカで2年間の博士
研究員の職を得た。

 その後、フランスから誘いを受けたが「予算が下りなかった」とほごにされ、
再び就活に苦戦。2010年ごろ、奈良の「せんとくん」などのゆるキャラが世を
賑わせていた。「かわいいクマムシをゆるキャラ化したら受けるに決まってい
る」とイラストレーターやぬいぐるみ作家に頼んでグッズ販売に乗り出した。

 ぬいぐるみの大量生産を始めた13年からの4年間で3千万円以上を売り上げ、
メルマガの購読料などと合わせて生活費や研究費をまかなっている。

 学術系のクラウドファンディングサイト「アカデミスト」でも支援を募って
いる。寄付金額によって、ぬいぐるみなどの返礼品を贈る。「国家予算も限ら
れる中で、基礎研究だけにカネを回せとは言いづらい。日本では、えたいの知
れない研究には投資せず、はやりのテーマに大型予算をばんと出す傾向にある。
新しい仕組みで研究を盛り上げられたらうれしい」

 緑豊かな山に囲まれた、神奈川県・三浦半島の湘南国際村。総合研究大学院
大学助教の塚原直樹さん(37)もアカデミストで研究資金を集めた一人だ。研
究スペースには、スピーカーを搭載したドローン4台と、2体のカラスの剥製
(はくせい)が並ぶ。

 声なのか、見た目なのか。カラスは何を「カラスらしい」と思うのか解明し、
最終的には剥製(はくせい)をドローンで飛ばして、聴覚でも視覚でもカラス
を「だます」装置を作りたいという。「邪魔者のカラスを追い払って、困って
いる人たちの手助けをしたい」

 宇都宮大学で所属した研究室で、指導教官に「カラスが何を話しているのか
明らかにしろ」と研究テーマを与えられた。あちこちに出かけ、1年で約500の
鳴き声を録音した。警戒しているときの鳴き声をスピーカーで流すと、周囲の
カラスが逃げていくこともあった。

 国の研究費に採択されたことはないが、学内の競争的資金や民間の財団から
の援助、企業との共同研究などで研究費を捻出している。だがドローンなどの
機器を用意するには、もっとお金が必要だった。共同研究者の末田航さん(39)
(シンガポール国立大)と一緒に15年10月から「アカデミスト」で支援を募り、
2カ月で約65万円を集めた。

 「アカデミスト」代表取締役の柴藤亮介さん(32)も元々理系の研究者。
サイトを立ち上げたのは、「面白いアイデアを持っている研究者が発信できる
仕組みを整えたい」と考えたのが始まりだった。

 首都大学東京の大学院在学中、知り合いに声をかけて、異分野交流を目的と
した交流会を立ち上げた。都内のカフェなどで全8回開催し、多い時は約100人
の参加者を集めた。未知の分野の研究者と語らい、研究者には発信の場が少な
いと感じた。

 大学に出向いて事業の説明をすると、複数の年配の教授が「学問の価値は専
門家が評価するべきだ」と研究を市民にアピールして収益を得る仕組みに拒否
感を示した。だが、徐々に支持を集め、30代から40代を中心とする研究者40人
以上がクラウドファンディングに挑戦し、支援を募った。そのうち8割以上の
研究者が目標金額の獲得に成功したという。

 「研究を理解してもらうのに、グッズがかわいいとか、おもしろそうといっ
た切り口から入ってもらうのもありだと思います。マニアックな研究には国や
大学の補助金はつきにくいけれど、お金がつきづらいからといって諦めてしま
うのはもったいない。研究者を支援できる方法を確立したいんです」


上越新幹線にE7系投入 全車2階建てのE4系は引退へ 2018年度から
----------------------------------------------------------------------
 北陸新幹線で使用されているE7系が、2018年度から上越新幹線にも投入され
ます。これにともない2階建てのE4系は引退を迎えます。

 JR東日本は2017年4月4日(火)、上越新幹線に、2018年度から2020年度にか
けてE7系電車を順次投入すると発表しました。

 E7系は現在、北陸新幹線で使用されている車両です。これと同一仕様の車両
(12両×11編成)が、2018年度から2020年度にかけて、上越新幹線へ投入され
ます。そして、これにともない、全車両2階建てのE4系「Max」は、2020年度末
までに引退を迎えます。

 E4系は1997(平成9)年12月にデビュー。上越新幹線では2001(平成13)年
から使用されています。8両を2本連結した16両編成時の定員は1634人で、高速
鉄道車両としては世界最大級です。

 E7系は12両編成で定員は924人。グリーン車より上級の「グランクラス」が
設定されているのをはじめ、全座席には電源コンセント、全洋式トイレには
温水洗浄機能が付いています。普通車のシートピッチ(間隔)も、E4系の980
mmから、E7系は1040mmに拡大されています。

 JR東日本は、車両をE7系に置き換えることで車内サービスなどの向上を図る
としています。車両の更新により、上越新幹線を走る営業用車両は、E2系とE7
系の2種類になる見通しです。


コエンザイムQ10、加齢臭抑える効果 資生堂が初発見
----------------------------------------------------------------------
 疲労回復や老化防止などの効果があるとして、サプリメントや化粧品などに
含まれている成分「コエンザイムQ10」に、加齢臭を抑える効果があることを、
資生堂が世界で初めて発見した。5日、発表した。

 65~74歳の女性6人にコエンザイムQ10を毎日100ミリグラム摂取してもらい、
加齢臭の原因物質で、肌から放出されるノネナールの濃度を4週間後に計測し
た。濃度は摂取前と比べて2~3割減少したという。コエンザイムは2種類に大
別されるが、ともに効果が確認された。

 コエンザイムは人間の細胞にあるミトコンドリアがエネルギーを作る際に使
われる成分。加齢により減少することが知られていたが、加齢臭との関係性は
明らかになっていなかった。

 加齢臭は男女ともにある。個人差があるが40代から目立つケースが多い。に
おいを抑える対策としては従来、皮脂や汗を洗い流したり制汗剤を使ったりが
中心だったが、コエンザイムを摂取すれば体内から抑制ができることになる。

 コエンザイムは、イワシや牛肉、ブロッコリーなどに含まれているが、通常
の食事では一日5~10ミリグラムほどしか摂取できないため、サプリメントも
多く発売されている。


名鉄名古屋駅、面積2倍に拡張 再開発計画を発表
----------------------------------------------------------------------
 名古屋鉄道は29日、名古屋駅周辺のビル6棟を一体開発する再開発計画の全
体概要を発表した。南北400メートルの細長いビルで、高さは30階程度を想定。
交通量の多い太閤通がビルの下部を通る一体再開発となる。商業施設やオフィ
ス、ホテル、住宅などが入居する予定で、2022年度に着工する。駅機能はリニ
ア中央新幹線が開業する27年の整備を目指す。

 17年度の設備投資計画に、再開発ビルの設計・デザインなどの費用として9億
5000万円を盛り込んだ。再開発ビルの核となる商業施設やホテルの詳細や具体
的な内容については今後、関係者と調整する。現在の名鉄百貨店や名鉄グラン
ドホテルは、着工時期にあたる22年度ごろまでは営業を続ける意向だ。

 安藤隆司社長は29日の記者会見で、「リニア開業を飛躍の最大のチャンスと
とらえ、地域に新たな価値を創造するための再開発になる」とした。乗り換え
などがわかりにくいとされる名鉄名古屋駅の面積を現在の2倍に拡張し、線路
やホームの数を増やして方面別ホームを整備するなどの検討を進める。

 課題となっている中部国際空港向け専用ホーム設置については、「現段階で
は決まっていない。選択肢の1つ」とした。

 名鉄の再開発には近畿日本鉄道や三井不動産、日本生命がかかわっている。
近鉄グループは名駅エリアでのホテル事業に意欲を示している。名鉄の安藤社
長は「再開発はまだ入り口にたった段階」としており、百貨店事業の継続やホ
テル事業の住み分けなども含め、関係者との調整が今後の課題となりそうだ。


名城線「市役所駅」改称を検討
----------------------------------------------------------------------
 地下鉄名城線の「市役所駅」を、名古屋のシンボル「名古屋城駅」に変更し
ようという案が浮上している。二神望交通局長が「名古屋の魅力発信や観光客
誘致の観点からも重要なテーマ」と、駅名変更を検討する考えを明らかにした。

 市役所駅は1965年に名城線が開通と同時に開業、当時から駅名は変わってい
ない。

 市交通局によると、駅名変更の手続きは、有識者や地域の意見を聞いた上で、
ICカード乗車券などで連携する他の鉄道事業者との協議が必要。さらに、駅の
案内表示の変更やシステム改修などに概算で3億6000万円かかるという。

 一つの駅単独の変更はハードルが高そうだが、市は現在、中村区役所の移転
を計画。これに伴い、交通局は数年以内に桜通線「中村区役所駅」の駅名変更
を迫られる見通しで、同時に変更すれば費用を抑えられるメリットがある。定
着した名称の変更で混乱しないよう「市役所・名古屋城駅」とする案もある。

 上園晋介氏(民進)が名古屋城東門に徒歩五分と最寄り駅であるとして改称
を提案。以前から「名古屋城駅」を提唱している河村たかし市長も「都市への
プライドを世界に発信できる。熱田神宮周辺の駅名も考えにゃならん」と意欲
を示した。

 市営地下鉄では2004年に、住居表示と統一するため東山線の「藤ケ丘」を
「藤が丘」に、新駅設置のため桜通線の「瑞穂運動場」を「瑞穂運動場西」に
変更した例がある。

========================================================================
●その他のeXe利用予定及び関係分(4/6現在判明分)

  4月 8日(土) 20:00~22:00【月刊】4月号
     16日(日) 15:00~17:00「ういろMUG」

- = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - =
※編集者のひと言

 そろそろ桜も満開の時期ですが天気が心配ですね。

========================================================================
★eXeでは随時、会員を募集しています。

 eXeの場所は、会員の会費で維持・運営されています。

 イベントへの参加は、会員になる必要はありませんが、会員は独自のイベント
を主催出来ますし、残業などで遅くなった時には宿泊利用も可能です。

 詳しくは、メールにてお問い合わせ頂くか、ホームページの「eXeについて」の
中の入会方法お知らせコーナーをご覧下さい。

 なお、特典は余りありませんが賛助会員も募集しております。
 イベントの際の会員外負担が不要という程度ですが、遠隔地の方や、多忙でな
かなか参加できない方にご参加頂いています。よろしくお願いいたします。

========================================================================
☆このメルマガは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行して
 います。登録や解除、受け取りアドレス変更などは、以下で行ってください。
 『まぐまぐ』http://www.mag2.com/m/0000001625.htm
========================================================================
□eXeへのご質問やお問い合わせは、eXeびHPから、または FAXでお願いします。
  http://exe-nagoya.net/contact
    ・FAX:052-751-8016(高木康光宛)
========================================================================

ついでに読みたい

異業種人交流会eXe News Letter

RSSを登録する
発行周期 月4回
最新号 2017/04/06
部数 275部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。 平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング