Webook of the Day

★【Webook 2017.02.12】キャスターという仕事 ~ 国谷裕子 + アドラー心理学


カテゴリー: 2017年02月12日
─[内緒]─────────────────────────────────

  ★ 職場を幸せにする"しつもん会議"ファシリテーター養成講座 第1回

      不思議なことに、ひょうたんからコマが生まれるしつもんの妙!

      2017/2/18(土) 10:00-12:00 
      https://www.street-academy.com/myclass/18712
    

  ★ 誰もが主役に!WBファシリテーション技法の講座 第3回

      なぜか、君がいると会議がよくなる!と言われるために・・

      2017/3/25(土) 19:00-21:00 
      https://www.street-academy.com/myclass/15810


   ★ ジェイカレッジ98回 「エピソードは世界を制す!」西沢泰生さん

      ついに、待望の西沢さんがご登壇です!

      2017/3/9(木) 19:00-21:00 
          http://kokucheese.com/event/index/451087/



─────────────────────────────────[内緒]─
        ↓
        ↓
        ↓
        ↓
----------------------------------------------------------------------
■■
■■   Webook of the Day          春は名のみの立春過ぎ便
□□□     http://webook.tv 
■■   Shinnosuke Matsuyama
■■
------------------------------------------------------2017.02.12-----


       時代を映す鏡でありたい・・・・


----------------------------------------------------------------------
■■【今日の一冊】~ キャスターという仕事

      言葉の力を信じて・・23年間の挑戦の日々を語る

    --------------------------------------------
   |国谷裕子(くにやひろこ)/著 
   |岩波新書|2017年1月
   |ISBN:4004316367|907円|256P
    --------------------------------------------

__《 この本のツボは? 》_________

"クロ現"と略され親しまれてきた国谷さんのクローズアップ現代が終わったとき、なんともいえな
い寂寥感がありました。丁寧な言葉でありながら、本質を鋭く捉える国谷さんの質問が視聴者にと
っては、痛快だったように思います。

今日の本は、クローズアップ現代のキャスターとして番組を引っ張ってきた国谷さんが、番組に寄
せていた思いやキャスターという仕事に真剣に向き合った道のりを語った本です。

あの番組が23年間もの間続いてきた長寿番組であったことを知りました。23年とひと口にいっ
ても、実は激動の歴史がありました。政治、経済、国際情勢、そして市民の暮らしが大きく変化し
た時代の中で、折々のホットなテーマとリアルタイムに向き合う・・・。それは、ハードな仕事だ
ったと述懐されています。

番組の舞台裏では、各部門から選ばれたスタッフや編集者との真剣で闊達な議論が毎回繰り返され
てきたといいます。あの番組を見ていて、いつも思ったのは、毎日(月〜木)よくあれだけの内容
を連日編成できるな〜ということでした。取材やVTR編集のほか、毎回2回の試写が行われ、そこ
で番組の公平性や言葉の適正さなどが真剣に議論されていたというのは驚きです。
スタッフと真剣な議論や準備は、常に「時代を映す鏡でありたい」という強い思いからきていたの
でした。

クローズアップ現代に抜擢された国谷さんは、キャスターという役割について、徐々に様々な役割
を認識されてきたといいます。一つは、視聴者と取材者の橋渡し、一つは、自分の言葉で語ること
、そしてもう一つは、新しい事象に言葉を与えるということ。
最後の「新しい事象に言葉を与える」というのは、メディアにとって重要なことです。時に素晴ら
しい社会の動きにつながり、逆に、意図せず偏った見方へ誘導する落とし穴に陥るからです。

3つめの"言葉探し"という役割を国谷さんは、こう語ります。

 新しい事象に「言葉」が与えられることで、それまで光が当てられずにきた課題が、広く社会
 問題として認識され、その解決策の模索が急速に進むということがある。

メディアは、そんな役割を与えられているのでしょうね。「犯罪被害者」、「ウーマノミクス」
など番組から生まれた言葉は、社会が変化するきっかけとして寄与したようです。

国谷さんは、メディアが伝える「言葉」にことのほか気を配ったようです。
ひとつの表現は、その言葉が言わんとする表の意図とは別に、ことなるメッセージを伝えてしまう
危うさを併せ持っているからです。
たとえば、「憲法改正論議は、まだ十分な理解がなされていない」という表現。これは、聞き流せ
ば確かにそうだな・・といえるところだけれど、ある意味、憲法改正は正しいことで、その説明が
不十分であり理解が進んでいない・・という自民党寄りの意味合いを伝えてしまう恐れがある。
そういうことにも気を使い、番組は作られていたのです。

この本では、クローズアップ現代を振り返り、国谷さんがキャスターを努めて来られた23年の
日本の社会構造の変動などが振り返ることができる。
アラファト議長、シュレーダー首相など国際情勢の動行を写す人たちへのインタビューや、自民
党を飛び出した羽田攻へのインタビュー、銀行で汚点を残した石原都知事へのインタビュー、あ
るいは、映画俳優の高倉健との対話などいろいろなことがあった23年を国谷さんの言葉でレビ
ューできるのも楽しい。(高倉健との対話で、17秒の沈黙というのはTVでは衝撃的?)

本書の冒頭で、テレビ報道の持つ危うさを次のように語っています。
 「事実の豊かさを、そぎ落としてしまう」
 「視聴者に感情の共有化、一体化を促してしまう」
 「視聴者の情緒や人々の風向きに、テレビの側が寄り添ってしまう」
こうした危うさがあることを、私たし視聴者も認識してテレビに向き合う必要がありそうです。
それは、ネットでの情報の拡散においても同じでしょう。イギリスのEU離脱、トランプ大統領の
誕生、今、様々な変動がおきていますが、その根底にある何かを冷静に見極めて行く見識が求め
られている時代になりました。

国谷さんは、テレビが写す映像が、見る人の思考能力を奪ってしまう・・というリスクについて
強い懸念を示されています。

 戦争の悲惨さ、地震や津波の悲惨さは、短い映像でもインパクトが大きく、見る人をある共通
 の感覚に導く。しかし、その映像は、起きている事実のごく一部の真実でしかない。その裏に
 隠れてしまった大切なことに目をむける思考能力や想像力を一挙に奪い取ってしまう危険性が
 ある。

こうした映像のもつ危険性にも心を配り、いかにほんとうのところを伝えるか、そこに腐心して
こられたかというのがとても印象深いですね。

合計3784回にもおよぶ放送は、確かに"時代を映す鏡"だったのではないでしょうか。
益々、国谷さんのファンになりました。次のステージは、どんな場所でしょうか。
時代が国谷さんを求めているように思えてなりません。

本書、とってもおすすめです。

(ジェイカレッジ99回は、国谷さんをお招きしたいな〜)(どなたか繋いで・・)


__《 おすすめ度は? 》___________


   ★★★★★+言葉の力と危うさ


__《 知りたい? 》_______

   ・国谷さんのファンの方
   ・国谷さんのクローズアップ現代を楽しみにしていた方
   ・国谷さんについてもっと知りたい方


__《 買いたい? 》_______114/→


   ・アマゾン   → http://bit.ly/KUROGEN23


----------------------------------------------------------------------
■■今日のおまけ:(アドラー心理学:課題の分離、目的論)

 ”これは、私の課題ではない。”
 TVの刑事物ドラマ「嫌われる勇気」に登場するセリフですね。番組では、アドラー心理学が
 ところどころに散りばめられていて、なかなか面白い。
 先日、ジェイカレッジでご登壇いただいた小林嘉男さんも、アドラー心理学からの知見を
 いくつか教えてくださいました。

 課題の分離という考え方で、人の課題に踏み込んではいけない・・というのが印象的です。
 子どもに勉強しなさい!と強要しがちですが、子どもの課題であって、親の課題ではない。
 強要しがちなのは、親の見栄や他者との比較などさまざまな思いから、つい子どもの課題
 に踏み込んでしまうからです。親がすべきは、勉強する意味やしないリスクを伝え、勉強す
 るための環境支援であって、勉強するしないは子どもの課題なので、そこに踏み込んでは
 いけない・・・ということのようです。他の場面でもいえるかもですね。

 また、目的論と原因論の対比もとても示唆に富んでいました。
 原因論の思考は、何が悪い?どこを直せばいい?
 目的論の思考は、本当はどうなればいい? 何はできてる? もっとよくするには?
 というふうに思考のベクトルはまったく逆向きです。
 私達はついつい、原因は?、なぜなぜなぜ?と迫ってしまいますが、機械相手ならいいけ
 れど、対人関係では目的論がよさそうです。

 アドラーの視点、なかなか面白いです。 
 しつもん会議でも取り入れてみましょう。


----------------------------------------------------------------------
■■ 新刊応援!(こんな本もお勧め!)

▼「職場を幸せにするメガネ」〜 小林嘉男 

  先日のジェイカレッジでもお話いただきましたが、超おすすめの本です。
  原因論ではなく目的論で・・・
  その課題は誰の問題か・・・ などアドラー心理学も紹介され、
  あなたの職場が幸せになるためのヒント満載です。

  → http://bit.ly/HappyGlasses

----------------------------------------------------------------------
■■ 臨機応援!(勝手に応援しちゃうよ)

○「立川晴の輔さん 笑点 若手大喜利に2週連続出場!」

 ジェイカレッジは、晴の輔師匠の公式応援団です(w)。 熱烈応援!
 これは録画しておかねば・・・
   ◎ 2/12(日) 日テレ 17:30~『 笑点 』  <<< 今日です!
   ◎ 2/19(日) 日テレ 17:30~『 笑点 』
 さらにBS日テレで笑点特大号でも登場です!
   ◎ 2/15(水) BS日テレ 21:00~ 『笑点特大号』


○「職場を幸せにする"しつもん会議"ファシリテーター養成講座 第1回」
   対人関係は、あらゆる課題の根っこにあります。この講座で
   対人関係をよくするヒントをつかんでいただきます。
   日時: 2017/2/18(土) 10:00-12:00 
   → https://www.street-academy.com/myclass/18712


○「誰もが主役に!WBファシリテーション技法の講座」
   眠たい会議、内職会議、くだらない会議はもう嫌だ!
   ホワイトボードを使う充実の会議をあなたも・・
   日時: 3/25(土)10:00~12:00    3500円
   場所: 都内会場
   → https://www.street-academy.com/myclass/15810


○「ジェイカレッジ98回 「エピソードは世界を制す!」西沢泰生さん」    
    日時: 2017/3/9(木) 19:00-21:00   3000円
    場所: 豊洲文化センター(8F)会議室 
      →  http://kokucheese.com/event/index/451087/

----------------------------------------------------------------------

●今日の鍛錬: ( 0回 )       目標PushBag500回

----------------------------------------------------------------------
 発行者 : Webook of the Day 松山真之助 ( hello@webook.tv )
 発 行 : まぐまぐ ID= 969
 登録解除: http://webook.tv/mm.html
 携帯版Webook : http://bit.ly/WebookM
 新刊/30分の朝読書で人生は変わる。→( http://amzn.to/oS3Zoz )
--------------------------------------------------------------------
 徳縁:レジェンド財団: http://legend-foundation.org/
 書縁:メルマガ書評 : http://webook.tv/ 
 講縁:ジェイカレッジ: http://jcollege.jp/ 
 呟縁:Twitter: http://twitter.com/webookoftheday
 顔縁:Facebook   : http://on.fb.me/Webook
 本棚:田坂広志さん : http://bit.ly/webookTASAKA 
 本棚:福島正伸さん : http://bit.ly/webookFUKUSHIMA 
 本棚:田中靖浩さん : http://bit.ly/webookTANAKA
 本棚:藤原和博さん : http://bit.ly/webookFUJIHARA
======================================================================

ついでに読みたい

Webook of the Day

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2017/04/02
部数 13,018部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

魔法使いリエちゃんのインスピレーション競馬
馬券ベタの初心者でも高額配当的中 魔訶不思議な魔法の3連単馬券術をお伝え中(有料) もちろん、馬券センス有りのあなたなら、さらに、、、( *´艸`) 直近の的中結果 9/24 中山 1R  148,100円的中 中山 2R  135,630円的中 9/25 阪神2R  221,300円的中 阪神4R  257,570円的中 中山7R  139,420円的中 中山10R  133,100円的中 中山12R  113,680円的中 詳しくは、メルマガ紙面にて
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

集客は一生懸命やるから失敗する!大反響ストーリーチラシ集客術
チラシ反響率が1万分の1以下と言われる今の時代に、チラシ50枚で1件の問い合わせを獲得する大反響チラシを開発しました。これを「ストーリーチラシ」と呼んでいます。 その大反響チラシのノウハウをこのメルマガで公開します。 しかし、誰にでも大反響が実現できるわけではありません。「何としてでも集客をしないと!」と一生懸命になる人は、ノウハウ通りにチラシを作っても反響が取れません。 なぜか?表面的なノウハウではなく、大反響がずっと続く本質部分をお伝えします。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

一緒に歩もう!小富豪への道
富裕層むけ、富裕層入りを目指す方むけの究極の資産防衛メルマガ!一国だけに資産を集めておくのは危険な時代がやってきました。海外ヘッジファンド、貴金属、不動産からアンティーク・コインまで、金融不安に負けない世界分散ポートフォリオを、経験豊富なファイナンシャル・プランナーが誠意をもってご案内します。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

『資金調達など経営者の悩みを真に解決するマガジン』
経営コンサルタントが実践から得た経験や知恵を基に、経営に役立つ「本日の経営者への一言」と、実際にあった話を基に実名を出さずに「実話風読物(カードローン取立との戦い等)」に仕立てた読物との2部構成で綴られたメルマガです。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング