Webook of the Day

★【Webook 2017.01.05】職場を幸せにするメガネ ~ 小林嘉男 + 合意形成


カテゴリー: 2017年01月05日
─[内緒]─────────────────────────────────

  ★ ジェイカレッジ97 アドラー心理学で職場を幸せにするマネジメント
     小林嘉男さんにアドラー心理学の実践的エッセンスを伺います。
     ・日時:2017/2/9(木) 19:00-20:30
     ・会場:地下鉄南北線 東大前駅すぐ
     ・会費:3,000円
     ・申込:http://kokucheese.com/event/index/447176/

  ★ 誰もが主役に!WBファシリテーション技法の講座 第3回
     日時: 2017/1/19(木) 19:00-21:00 
     申込: https://www.street-academy.com/myclass/15810
    ホワイトボードを使った効率的で生産的な会議の進め方を
    実践的に学びます。すでに受講された方からは、その効果の声が!
    2017年、会議をシフトしてみませんか?    

─────────────────────────────────[内緒]─
        ↓
        ↓

 明けましておめでとうございます。
 今年も、Webook をどうぞよろしくお願い致します。
 引き続き、気づきや学びのきっかけをご提供していきたいと思います。
 コメントや感想など歓迎です。

        ↓
        ↓
----------------------------------------------------------------------
■■
■■   Webook of the Day                新年のご挨拶便
□□□     http://webook.tv 
■■   Shinnosuke Matsuyama
■■
------------------------------------------------------2017.01.05-----


       仕事は苦しいものではありません! 楽しむものです。


----------------------------------------------------------------------
■■【今日の一冊】~ 職場を幸せにするメガネ

     アドラーに学ぶ勇気づけのマネジメント 

    --------------------------------------------
   |小林嘉男/著
   |まる出版|2016年4月
   |ISBN:4861131863|1620円|288P
    --------------------------------------------

__《 この本のツボは? 》_________

私達は、人生の多くを(ほとんどを?)仕事場で過ごしています。
仮に朝7時に起きて夜11時に寝るとすると(あ、セブンイレブンだ)16時
間の約半分にあたる8時間を会社(仕事場)で過ごしていることになります。
もし仕事が嫌でたまらなかったり、人間関係に悩むような場所だったりしたら
そんな不幸なことはありませんね。
一方で、仕事に行くのが楽しい、職場の仲間がとてもいい人ばかり、上司も尊
敬できる、自分の成長を実感できる・・・そんな職場だったら嬉しいですね。

多くの職場では、多かれ少なかれ様々な問題があります。そして、とどのつま
り、それらの多くは対人関係に起因していると言われています。
私の周りでも、結局、対人関係に起因する根深い問題があって、楽しくやりが
いのあるはずの仕事を台無しにしているのを見かけます。悲しいことです。

本書では、以前は冷徹上司とよばれていた著者(小林さん)が、たったひとつ
のあるものを変えた事で、職場が劇的に変わったことが紹介されています。
それは、なにかというと、メ・ガ・ネ。

メガネとは、物の見方・考え方です。

小林さんの職場は、経理部。3年前まではとても不幸な職場だったといいます。
それが今では、みんながイキイキと楽しく仕事をしている職場に。
会社(ディスコ)自体も、働きがいのある会社ランキングで上位につける素晴
らしい会社になっています。

しかし、かつての小林さんは、じつはギスギスする職場の雰囲気を生み出す張
本人だったそうです。理屈やべき論ありきで、仕事はできるがとても厳しく冷
徹な上司だったとか。しかし、あるとき部下からの厳しいフィードバックに立
ち直れないくらいになり、そこから大逆転が始まります。それは、MIT教授の
ダニエルキム氏が提唱する「組織の成功循環サイクル」への転換点でした。

小林さんが何をしたか。それは、"自分がかけていたメガネを変えた" でした。

仕事の鬼マネジメントから、一緒に働く人を幸せにするマネジメントへ。
そのメガネは、まったく異なる色合いのものでした。「部下を幸せにするのが
上司の役割」という新しいメガネはとてつもなく大きな変革をもたらしたので
す。


同時にアドラー心理学との出会いも、小林さんのメガネを暖かく楽しく面白い
ものにしたようです。

*認知論(人は誰も認知のメガネをかけて、主観的な解釈をしている)、
*共同体感覚(自己受容+他者信頼+他者貢献を満たすと人は幸せを感じる)、
*目的論(過去の原因ではなく、未来の目的に着目して物ごとを考える)、
*勇気づけ(褒めるのでもなく叱るのでもなく、勇気づける)
など、マネジメントのメガネを変えるヒントが書かれています。

特に響いたのは目的論のところ。
とかく、原因はなにか!ということを追求することが仕事の基本のように思わ
れていますが、こと対人関係においては、それは傷口に塩を塗るような場合も
あり、むしろ、ほんとはどうしたかったの?という目的論的アプローチが望ま
しいというものです。このスタンスの差は大きいですね。


MITのダニエル・キム教授の組織の好循環サイクルもとても共感深いものがあ
ります。

 関係の質 → 思考の質 → 行動の質 → 結果の質

というサイクルです。結果を求めるあまり、ダメだし上司になると、関係はギ
スギスしはじめ、保守的・保身的思考になり、行動になり、結果もでなくなる
・・・そんなバッドサイクルの職場、ありませんか? 結果がそこそこでも、
このサイクルにいる職場は、楽しくない。面白くない。つらい。やめたい。な
どどんよりした空気に満ちていきます。

逆に、信頼や尊敬に満ちた職場なら、前向きで、サポーティブな思考が普通に
なり行動も楽しくなる。当然、結果もついてくる。こんなサイクルこそ望まれ
ますね。


アドラーの「横の関係」というのも気に入りました。上司と部下も、上下の関
係ではなく、ある目的のために二人で一枚のキャンバスに向かって作品を作る
"横の関係"が望ましいというものです。

などなど・・・本書は、何度も読み返してみたい内容がいっぱい。

本書を読んでいて、メモしたり、浮かんだ問いはこれ・・・

・ 今まで仕事をしてきたなかで、あんなふうにはなりたくないと思うのは誰?
  どこが嫌いですか?
・ 今まで仕事をしてきたなかで尊敬できる人は誰? どこが尊敬できますか?
・ あなたは、どんな職場をつくりたいですか?
・ あなたのために頑張りたいです、あなたは、そう言われる上司ですか?
 

友人の鈴木さんを介してやってきたこの本は、とてもご縁の深い本でした。
多くの皆様と共感ポイントをシェアしたいものです。
なぜなら、毎日の仕事は、苦しむためのものではなく、楽しく幸せになるため
のものだから・・・。超おすすめですよ。


__《 おすすめ度は? 》___________


   ★★★★★+幸せになる仕事


__《 知りたい? 》_______

   ・対人関係で悩んでいる方
   ・一段高いマネジャーへ脱皮したい方
   ・アドラー心理学に触れてみたい方


__《 買いたい? 》_______10800/→


   ・アマゾン   → http://bit.ly/HappyGlasses


----------------------------------------------------------------------
■■今日のおまけ:( 合意形成 )

 言葉の因数分解を続けていますが、今日は合意形成について考えてみます。

 合意形成
 =(課題、問題)x (共通認識、当事者意識、スケジュール)x ワクワク感

 会社では、日々様々な問題が出来し、組織間で話し合いが行われ、課題解決
 が行われています。そんな中、合意形成というチッピングポイントを効率的
 ・生産的に導くことはマネジャー諸氏の力量にかかっています。
 そのとき、合意形成を行い、みんなで事に対処するためには、上記のように
 因数分解された要素が必要かもしれません。

 異なる部署のキーマンを集め、会議を開く。こんな場面に、私も会社でよく
 遭遇します。ここで登場するもっとも有効なツール。
 それは、ホワイトボードです。

 以前は、会議となるとPPTで資料を作り、それをプロジェクターで写して話
 を進めることを、実は私もやっておりました。
 一見、かっこいいのですが、??な点があってもそのまま次へ、内職してもOK
 、議論がみえなくてもそのまま次へ・・といった混迷の会議になりがちです。
 あるいは、すでに決まりきったことを合意確認するためだけの(無意味な)
 会議だったりします。
 
 ほんとうはどうしたいの?
 あなたはどう思うの?
 今後どうしましょうか?
 を真摯に効率的に議論し、合意形成をするにはやはりホワイトボードです。

 合意形成するにあたっては、因数分解にあるように
   共通認識(ここがけっこうぶれている)
   当事者意識(誰が何をするかをクリアに)
   スケジュール(タイムフレームを具体的に確認)
   ワクワク(やる気の起きる雰囲気で)
 会議を終われるようにしたいものです。


 ビジネスをアートにする研究所は、今年2017年
  ★ ホワイトボードファシリテーション講座
  ★ Webook Publishing 
 の2本柱でがんばることにしました。

 今年もよろしくお願い致します。
 (ということで、因数分解から最後はご挨拶になりました。笑)


----------------------------------------------------------------------
■■ 新刊応援!(こんな本もお勧め!)

▼「今度こそ読み通せる名著 アランの「幸福論」 〜 アラン, 笹根 由恵 
   笹根さん、渾身の翻訳です!
   → http://amzn.to/2hxcRqd


----------------------------------------------------------------------
■■ 臨機応援!(勝手に応援しちゃうよ)

○「コミュニケーションスキル・新春セミナー」

  このセミナーは、ジェイカレッジ副校長の岡田さんのイチオシです。
  超素敵な会場で、超すてきなお話しを聞きにいきませんか?
  2017年はコミュニケーションの年です!

  日時:1月22日(日)1330-1530  その後オフ会あり
  場所:DMM.com本社(恵比寿ガーデンプレイス)
  会費:3000円
  申込:メールで info@j-cs.or.jp まで ( webookの紹介って書いてね)


○「『BUSINESS INSIDER』の日本版ローンチ説明会」(無料)

  世界9,500万人が読むオンラインメディア、日本上陸します。
 『BUSINESS INSIDER JAPAN』発行人・小林弘人、創刊編集長・谷古宇
  浩司によるローンチ説明会があります。お時間ある方、ぜひ!

   ■申込: http://ptix.co/2gDCt4a
   ■日時: 2017年1月16日(月)13:00〜14:30頃
   ■場所: 国立新美術館 3階 講堂
       http://www.nact.jp/information/access/map/
   ■内容:
    ・『BUSINESS INSIDER』について
     『BUSINESS INSIDER』 Vice President・Roddy Salazar氏
    ・『BUSINESS INSIDER JAPAN』について
     『BUSINESS INSIDER JAPAN』発行人・小林弘人
                   同 創刊編集長・谷古宇浩司
    ・質疑応答


○「誰もが主役に!WBファシリテーション技法の講座」

   眠たい会議、内職会議、くだらない会議はもう嫌だ!
   ホワイトボードを使う充実の会議をあなたも 1/19(木)19:00~
   → https://www.street-academy.com/myclass/15810

----------------------------------------------------------------------

●今日の鍛錬: ( 0回 )       目標PushBag500回

----------------------------------------------------------------------
 発行者 : Webook of the Day 松山真之助 ( hello@webook.tv )
 発 行 : まぐまぐ ID= 969
 登録解除: http://webook.tv/mm.html
 携帯版Webook : http://bit.ly/WebookM
 新刊/30分の朝読書で人生は変わる。→( http://amzn.to/oS3Zoz )
--------------------------------------------------------------------
 徳縁:レジェンド財団: http://legend-foundation.org/
 書縁:メルマガ書評 : http://webook.tv/ 
 講縁:ジェイカレッジ: http://jcollege.jp/ 
 呟縁:Twitter: http://twitter.com/webookoftheday
 顔縁:Facebook   : http://on.fb.me/Webook
 本棚:田坂広志さん : http://bit.ly/webookTASAKA 
 本棚:福島正伸さん : http://bit.ly/webookFUKUSHIMA 
 本棚:田中靖浩さん : http://bit.ly/webookTANAKA
 本棚:藤原和博さん : http://bit.ly/webookFUJIHARA
======================================================================

Webook of the Day

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2017/05/29
部数 12,912部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

Webook of the Day

RSSを登録する
発行周期 日刊
最新号 2017/05/29
部数 12,912部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

坂本よしたか「せどりエイト」成功術
せどり転売とアフィリエイトを組み合わせた「せどりエイト」を実践している坂本よしたかが、せどりとアフィリエイトのノウハウ、考え方、成功談、失敗談、せどりとアフィリエイトの融合方法などを配信しています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング