言葉の森 オンラインマガジン

言葉の森新聞2017年7月4週号■親と子の教育的な接し方■読書感想文の書き方は言葉の森HPで


カテゴリー: 2017年08月02日
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇創造性を育てる作文・読解・国語◇◆◇◆◇

                              

    毎週担当の先生から電話の指導がある続けやすい通信講座

    自宅で無料体験学習を受けられます

    お申し込みはこちらからどうぞ

    https://www.mori7.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


■■親と子の教育的な接し方――未来の教育は喜びを語る教育

夏の朝です。青く広がる空の下で、お母さんが小さい子供に何か話しかけてい

ます。 

 「太陽が昇るのはどっち」 

 「ひがし」 

 「よくできたわねえ。じゃあ、太陽が沈むのは」 

 「にし」 

 「えらい、えらい。じゃあ……」 



  子供に教育的に接することは大事なことです。 

  しかし、それがともすれば知識中心の接し方になりがちなのが、現代の社

会の特徴です。

 知識を教えるという接し方は、親にとっては「教える役割」、子供にとって

は「教わる役割」という関係を生み出します。 

 この「知識を教える―教わる」という教育関係は、やがて限界が来ます。 



 それは第一に、知識のレベルが次第に上がってくるにつれて、親は冷たい接

し方になるからです。 

 第二に、子供はやはり知識のレベルが上がってくるにつれて、無味乾燥な受

容の仕方になるからです。 

 第三に、知識がやがて子供の方が豊富になってくると、そこで親子の教育関

係は終わってしまうからです。 

 そして第四に、もっと大事なことは、知識を重視する社会がこれからなくな

っていくからなのです。 



 現在の社会は、知識を持つ人が優遇される形になっています。 

 しかし、人工知能の発達によってこれから職業がなくなる分野として考えら

れているものは、高度な仕事とされていた豊富な知識を必要とする分野なので

す。 



 知識の豊富な人がある資格を取得し、その資格を元に仕事をするということ

は、これまでは自由で高収入な仕事の条件でした。 

 学校教育も、そういう人を育てるような方向に編成されてきました。 

 しかし、人工知能の発達によって、知識を中心とする仕事はこれから急速に

人間の手から離れていくようになります。 



 これからやって来るのは、知識を仕事の中心とする社会ではなく、喜びと創

造を仕事の中心とする社会です。 

 その喜びと創造の力を育てていくことが、これからの教育の目標になります。 



 それでは、どうしたらそういう教育ができるのでしょうか。 

 それは「知識を教える―教わる」という関係ではなく、教える側の父また母

が喜びをもって何かを「為す」又は「話す」ことによってです。 

 親のすることや話すことに接した子供が、それに憧れ自分もやってみたくな

るという関係が、これからの教育の基本になります。 

 両親や上級生や友達がやっていることを見て、それに憧れた子は、自分でも

それをやってみたくなります。 



 そこには、もちろん基礎となる学力が必要です。 

 しかし、基礎学力は、教科書に準拠した参考書や問題集を反復することがで

きれば、自学自習で十分に身につけることができます。 

 必要な基礎学力の上に、自分のしたいことをするというのが、これからの教

育の基本的な形になっていくのです。 

 この知識の勉強から喜びと創造への勉強というのが、これからの教育の方向

です。 



 このような将来の教育を実現するために、言葉の森では六つの取り組みをし

ています。 



 第一は、もちろん作文教育です。 

 文章を書くことを通して自分の考えを創造する力を身につけるのです。 

 それをプレゼン作文発表会や作文検定で勉強の目標を作りながら進めていき

ます。 



 第二は、その前提となる読む力を育てる教育です。

 読書、音読、暗唱に力を入れることによって、多様な知識を吸収する力を身

につけていきます。 

 暗唱については、暗唱検定で勉強の目標を作っていきます。 



 第三は、自主学習クラスです。 

 他人に頼らずに自分自身で勉強し、そのきっかけとして友達や先生と学ぶ場

を共有するという仕組みです。 

 暗唱という自学自習も、この自主学習クラスを利用すれば容易に続けていく

ことができます。 



 第四は、思考発表クラブです。 

 自分なりに考え、その結果をみんなの前で発表することによって、相互に知

的な向上心を高めていく学び方です。 



 第五は、今年、読書作文キャンプとして行なっている自然寺子屋合宿です。

 

 実際に自然や友達と接することよって、勉強ばかりでなく人間や自然との交

流も学んでいきます。 



 そして第六は、これらの教育を実現するための組織作りとしての森林プロジ

ェクトによる作文講師資格講座です。 



 これらのトータルな企画で、日本のこれからの教育をよくしていきたいと思

っています。 

 青い空を見て、「太陽が昇るのはどっち」という話をするだけでなく、お母

さんが子供に、「あの空を見ると、お母さんは、またいつか夏山に登ってみた

いなあと思うのよ」と自分の喜びを語るような接し方が、未来の教育的な接し

方になっていくと思います。



■■【再掲】読書感想文の書き方は言葉の森のホームページで

 夏休みの読書感想文の宿題については、言葉の森のホームページの「読書感

想文」のカテゴリーをごらんください。ここを見れば、全学年の感想文の書き

方がわかります。読書感想文指導をこのような形で行ったのは、言葉の森が最

初です。

http://www.mori7.com/beb_category.php?id=28

 また、普段の作文の勉強の中で感想文の練習をしている人は、これまでに書

いた感想文の中でよく書けたものをふくらませていってもよいと思います。

 なお、言葉の森では夏休みの宿題の指導はしませんので、感想文の宿題は各

自で取り組んでいくようにしてください。感想文コンクールの入賞を目指すな

どの理由でどうしても感想文を見てほしいという場合は、申し訳ありませんが

有料になりますのでご了承ください。(添削料5,400円) 

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/12
部数 1,885部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/12/12
部数 1,885部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

僕は『絶対倒産する』と言われたOWNDAYSの社長になった。
売上20億,負債14億,赤字2億『絶対倒産する』と言われ、メガネ業界内ではただの質の悪い安売りチェーンと馬鹿にされ続けていたOWNDAYS(オンデーズ)を30歳の時に買収し社長に就任。その後、10年間で奇跡のV字回復を遂げて、売上150億,世界10カ国に進出するまで・・、みたいな巷によくある再生物語。半分ノンフィクション。半分はフィクション。いつまで、どこまで書き続けるかはまだ未定です。 https://www.owndays.com Twitter:https://twitter.com/shuji7771 blog:https://ameblo.jp/shuji7777/
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

石渡浩の不動産投資を本業に―保証人無しでも融資を受け自己資金にレバレッジをかけて家賃年1億円越えを―
大学院修了時に資本金990万円で作った投資不動産保有会社の石渡住宅サービスを9年後の2016年に上場企業フィンテックグローバル子会社ベターライフサポートホールディングス等に約5億円で売却(株式譲渡)して上場会社連結子会社にして石渡住宅サービス(現商号:ベターライフプロパティ)名誉会長に就任した石渡浩が,自己資金数千万円規模の一般投資家さんを主対象に,銀行融資を活用してアパート経営を成功させ不動産賃貸業を本業にするためのノウハウを伝授します. 主著:『たった4年! 学生大家から純資産6億円を築いた私の投資法- 借りて増やす技術-』ソフトバンククリエイティブ(2012)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング