言葉の森 オンラインマガジン

言葉の森新聞2016年12月2週号 通算第1446号★未来の教育の可能性★森の学校オンエア


カテゴリー: 2016年12月05日
言葉の森新聞2016年12月2週号 通算第1446号
文責 中根克明(森川林)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇創造性を育てる作文・読解・国語◇◆◇◆◇
                              
    毎週担当の先生から電話の指導がある続けやすい通信講座
    自宅で無料体験学習を受けられます
    お申し込みはこちらからどうぞ
    http://www.mori7.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


■■【重要】暗唱検定の時間を7分以内とします

 暗唱検定には、これまでに約25名の人が合格しています。
 小学校2、3年生の生徒が比較的多く、小学5年生や6年生の生徒もいます
。
 これまで、暗唱検定は6分以内、読み間違い1か所以内としてきましたが、
百人一首などは6分以内では苦しいので、これからの暗唱検定は、7分以内、
読み間違い1か所以内とします。
 なぜ速く間違えずに読むようにするかというと、暗唱というのは、思い出し
て言うのではなく、丸ごと自分の身体の一部になっているかのように言うこと
が大事だからです。
 しかし、百人一首のように、独立した歌が並んでいるようなものを暗唱する
場合は、ある歌と次の歌の間に関連性がないので、かなり覚えにくくなります
。
 このようなときに、早く連続して言えるようにするには、それぞれの歌の頭
文字だけを先に覚えて、それからその歌を覚えるという方法があります。この
やり方は、勉強などで何かを覚えるときにも使えます。
 しかし、そういう形で覚えると、覚えるのは早くできますが、流れるように
暗唱するようになるには逆に時間がかかるようになります。
 音読を繰り返すだけで暗唱できるようにするという方法は、最初は時間がか
かりますが、いったん暗唱できるようになると淀みなく言えるようになります
。
 どちらの方法でも、最終的にはスムーズに暗唱できるようになりますから、
自分のやりやすい方法で取り組んでいくといいと思います。
 暗唱の仕方などでご質問のある場合は、facebookグループの「暗唱
の小道」やオープン教育の掲示板などをご利用ください。


■■点数の教育ではなく、文化の教育をどう進めるか――暗唱力(7)

 日本人は、世界の中でも珍しいほど正直な人が多いと思います。
 それは、財布などの落とし物が届けられることが多いということに表れてい
ます。
 しかし、世界の標準はたぶんそうではありません。
 見つからなければ平気で嘘をつくという人は、かなり多いと思います。世界
の犯罪の発生件数の統計などを見ると、そういう国ごとの差がよくわかります
。
 また、ビジネスでも普段の生活でも、賄賂が日常的に行われている国も多い
ようです。
 日本の場合は、江戸時代の昔から、役人が清廉潔白でした。江戸時代、日本
に来たシュリーマンがそのことを詳しく書いています。
 さて、こういう倫理感というものは、教育でどうにかなるものなのでしょう
か。
 もし、これがテストの問題で、
「人のものを盗るのはよいことですか、悪いことですか。正しい方に○をつけ
なさい。(1)よい、(2)悪い」

などという問題があったとしたら、どの国の人でも正解率は百パーセント近く
になると思います。
 なぜ、悪いことをする人でもよい方に〇をつけることができるというと、倫
理感は、知識の問題としては測定できないからです。
 これが、道徳教育を困難にさせている原因です。
 道徳というものを従来の教育の延長で行おうとすれば、このような知識の問
題として出すしかありません。
 そして、すべての人が百点を取れたとしても、その社会が道徳的な社会にな
るわけではないのです。
 すると、そのあとに出てくるものは、罰則を厳しくするという方法です。
 これは、外見上は確かに効果があります。
 しかし、人間の性格の根本が変わらないかぎり、罰則がないところでは平気
で悪いことをするということは残ります。
 そして、強力な罰則は、社会全体の共通ルールになるよりも、リーダーシッ
プを持つ個人の恣意的な運用で実施されることが多いので、その個人がいなく
なれば、また元に戻る確率が高いのです。
 では、江戸時代までの日本の社会は、この道徳や倫理のような文化の教育を
どのように行っていたのでしょうか。
 教育は、理解してほしいことを知識として教えるのが基本です。
 だから、江戸時代のころも、「嘘をつくのは悪いことで、正直なことがよい
こと」という知識を教えたのです。
 しかし、それを定着させる方法がありました。それは反復によって自然にそ
れが自分の血肉になるようにさせるという方法です。それが、素読と暗唱だっ
たのです。
 倫理観の基礎が素読によって形成されている社会では、読み物やことわざや
日常会話の中でも、その倫理観に根ざした言葉が何度も繰り返されます。
 それが社会全体の倫理観を更に強固なものにしていったのです。
 よいものと悪いものを見分ける能力は、よいものを繰り返し見ることによっ
て育ちます。
 教育の基本は、よい言葉、よい行動、よい知識の反復で、その中でも最も身
近な方法が素読と暗唱だったのです。


■■未来の教育の可能性――豊かな自然のある田舎で日本語教育と国際教育

 言葉の森では、通信指導で作文の授業を受けている子がほとんどで、通学で
授業を受けている子は、全体の5~10パーセントです。
 通信指導でも、担当の先生が毎週生徒の自宅に電話をして指導をするので、
電話指導のすぐあとに勉強を開始すれば、通学の教室と同じ流れで勉強できま
す。
 また、今は、ネットの活用によって通信だけでいろいろなことができます。
音声のやりとりだけでなく、映像のやりとりもできるので、時間や場所の制約
はほとんどありません。
 しかし、通信指導の唯一の弱点は、子供たちどうしのリアルな交流ができな
いことです。学校がなぜ楽しいかというと、休み時間に友達と遊ぶ機会がある
ことです。そういうちょっとした交流が子供たちにとっては大事なのです。
 そこで、言葉の森では、春休みや夏休みを利用して遠足や合宿の企画を行っ
ています。
 この合宿の柱は、第一に子供・父母・講師の交流、第二に自然との触れ合い
、第三に寺子屋的勉強です。
 実際に、合宿に参加した子供たちは、短い日数の交流であっても、一緒に遊
んだり食べたり寝泊まりした友達をよく覚えています。
 しかし、1泊か2泊の合宿ですから、交流と遊びが中心で、勉強的なことは
あまりする時間がありませんでした。
 そこで、言葉の森では、今後長期滞在もできる合宿も行えるようにし、勉強
の時間も普段と同じように確保できる自然寺子屋合宿というものを考えていま
す。
 以下は、そのための未来のアイデアです。
 まず、参加できる生徒は、言葉の森の生徒だけでなく、日本及び世界の小中
学生です。
 特に、アジアでは、現在日本語教育熱が盛んなので、日本語を学ぶために短
期留学をしたいという小中学生が参加できるようにします。
 子供どうしの交流や、自然との触れ合いなどは、企画をすればすぐにできま
すが、問題は多様な言語や多様な学習進度を持つ子供たちの勉強です。
 この勉強の方法が、自学自習です。
 スタディサプリなどの映像授業の教材を使い、解説の詳しいテキストを使え
ば、ひとりでもある程度の自学自習はできますが、そこに担当の先生の勉強チ
ェックが入るようにします。ちょうど寺子屋オンエアのような仕組みです。
 また、自学自習の勉強の中には、暗唱検定に向けた暗唱の練習、kindl
eを利用した読書などの時間もあります。なぜkindleによる読書かとい
うと、1端末に何百冊でも入り、外に遊びに行ったときも自分の読みたい本を
持ち運べるからです。
 担当の先生は、ネットでつながった先生ですから、その合宿所にいる必要は
ありません。自宅のネット環境を利用して、合宿所にいる子供たちの勉強チェ
ックをして、質問があればその質問にも答えます。
 だから、アジアの子供たち、例えばベトナムの子は、ベトナムにいる先生か
らベトナム語を併用して日本語教育の勉強チェックを受けることができます。
インドネシアの子はインドネシアの先生から、台湾の子は台湾の先生から自学
自習の勉強をチェックしてもらうのです。
 ネット教材を利用した自分に合った勉強の自学自習+その子の進度に合った
担当の先生による勉強チェックという仕組みがあれば、いろいろな言語、学年
、進度の子が同時に同じ場所で自分に合った勉強ができます。
 そして、勉強が終わったら、その多様な言語、学年、進度の子が、一緒に自
然の中で遊ぶのです。
 その合宿所で子供たちのリアルな世話をするのは、その地域に住んでいる人
たちで、この教育を理解してくれる人たちです。
 また、その勉強の様子や遊びの様子は、随時ネット配信をして、自宅にいる
家族が子供の様子を安心して見ていられるようにします。
 こういう形で長期間の自然寺子屋合宿を行えば、参加者は自分の希望に合わ
せて、長い日数も短い日数も自由に選んで参加できるようになります。
 そして、中には、1年中そこで合宿して勉強をし、たまに家族のもとに戻る
というような子も出てくるかもしれません。
 特に、海外から留学する形で来た子は、長期間の滞在型の勉強になることが
多いと思います。
 こうして、日本のある自然の豊かな山奥で、又は海辺で、日本と世界の子供
たちが、日本語教育を中心として全教科の勉強を自学自習で学び、自然の中で
交流するというちょっと不思議な学校ができるのです。
 更に、この学校が何年も続くと、中には講師の中で、ついでにそこに住んで
自分の仕事と子供の教育を両立させたいと思う人も出てくるかもしれません。
(※)
 そういう人たちが増えてくれば、そこにその人たちの需要に基づいたいろい
ろな供給の仕事が生まれるようになります。
 また、講師の中には、自分の得意分野を生かし、ネット教育で世界中に新し
い講座を発信するような人も出てくると思います。
 そういう新しい創造的な仕事が生まれるようになると、その合宿の学校を中
心とした地域は、単なる人口増によらない新しい価値を生み出すようになりま
す。
 こうした学校を中心とした町の発展は、学輪町と呼ぶことができます。ちょ
うど、お寺を中心に発展した町を門前町と呼ぶのと同じです。
 こういう学輪町が日本中の自然の豊かな田舎に生まれ、それらの町が、日本
語教育を中心とした国際教育と新しい文化創造の場になっていくのです。
(※)この学輪町の話は、まだだいぶ先のことになると思いますが。

■コメントより

 使っていない田舎の土地を無償で提供してくれるという方がいらっしゃった
ので、こういう話が急に具体的になってきました。
 将来は、廃校になった学校などを利用すれば、更に大規模な日本語国際教育
の場ができると思っています。
 来年の合宿は、まだ言葉の森の生徒中心になると思いますが、そのあとはベ
トナムなどアジア各国から子供留学生を受け入れたいと思っています。
 その際、アジアの子供たちのオンエア講師になる人は、facebookグ
ループの「日本語for外国人の島」にいる人から募集したいと思います。


■■子供たちが、昼は自然の中で自由に遊び夜と朝は自主的に勉強する「森の
学校オンエア」を企画中 

 言葉の森の通信作文教室のよいところは、毎週担当の先生からの電話指導が
あることです。
 普通の通信教育は、ビデオの一斉授業だったり、赤ペンの先生がいるとして
もその先生と接触があるわけではなかったりするので、最初の物珍しい時期が
過ぎると、子供が飽きてしまうことがあります。
 言葉の森の場合は、担当の先生がその子の反応を見ながら話をするので、先
生はいろいろ工夫が必要になりますが、その分子供は意欲的に取り組めます。
 しかし、私は、この状態はまだ不十分だと思っていました。
 第一は、子供どうしの交流の機会が少ないことです。小学生も4年生以上に
なると、先生と生徒の関係よりも、生徒どうしの関係の方が重要になってきま
す。友達がやっているから自分もやるというようなことがよくあるのです。マ
ンツーマンの通信教育では、その点が不足します。
 第二は、電話指導では10分間の声だけのやりとりになってしまいます。話
をするだけでも十分ですが、やはり相手の顔が見えた方が話にも実感がこもり
ます。
 そこで、今取り組んでいるのが、寺子屋オンエアやオンエア講座など、ハン
グアウトを使って生徒と先生、又は生徒どうしが画面を見ながらやりとりする
仕組みです。
 その6、7人の少人数のグループというのは、勉強をする上でかなり効果が
あります。それは、参加者全員が発言したり発表したりする時間的な余裕があ
るからです。
 また、オンラインの授業ですから、教科や進度によるクラス分けがかなり細
かく対応できます。今はまだ人数がそれほど多くないので、そういう細かいク
ラス分けはしていませんが、これから生徒が増えれば、どの生徒も自分に合っ
たクラスを選べるようになります。
 だから、これからのこのオンエア指導を増やしていきたいと思っています。
 しかし、私は、この細分化されたオンラインのグループ授業もまだ不十分な
ところがあると思っています。それは、やはり、人間にはリアルな接触も必要
だからです。
 そこで考えているのが、夏休みや土日などに子供たちが合宿教室で勉強をし
たり遊んだりする仕組みです。
 自然の多いところで、日中は学年の違う子供たちが自由に遊び、夜と朝はそ
れぞれが自分の学年と進度に応じた勉強をオンラインで行うという形の取り組
みです。
 現在、この合宿教室、森の学校オンエアを具体化しようと思っているところ
です。


----------------------------------------------------
■MagMagからのメールマガジンの登録と削除は下記のページで
(▼ダイジェスト版 マガジンID:0000000226)
http://www.mori7.com/morion/imorion.html
(▼完全版 マガジンID:0000132951)
http://www.mori7.com/morion/imorionk.html
■これまでの言葉の森新聞は下記のページで
http://www.mori7.net/mori/
■ホームページ
http://www.mori7.com/
■メール
nane@mori7.com

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/15
部数 1,896部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/11/15
部数 1,896部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

【六単塾】1日数分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法
「英語をやり直したいけど面倒なことはしたくない」「英会話したいけど時間がない」「TOEICスコアが急に必要になった」そんなあなたに。1日10分、たった6単語で英語が話せるようになるためのメルマガを1日1通お送りします。登録は2秒で終了。今すぐ登録してくださいね。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

井出ひろゆき 最速不動産オーナーへの道
日本で唯一の不動産満室コンサルタント。 普通の人を不動産オーナーにする スペシャリスト&不動産オーナーに満室コーチング行い、 口コミで無料面談は、常にキャンセル待ち状態。 30代OL、   90日で家賃年収756万円。 40代会社社員 150日で家賃年収1586万8000円。 過去最短でコンサル開始後144日で 20代高利回り2棟家賃年収1456万8千円を記録!!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

首都圏不動産インサイドニュース
不動産業者がゼッタイ言わない最新の業界ウラ事情をリアルタイムで暴露します!!不動産投資で儲けよう!と意気込んでいるあなた。家族を守り夢を叶える手堅い不動産投資ですが数億円の借金を負う100%自己責任の事業。海千山千の業者相手に知識武装は万全ですか?「まかせっぱなし」は命取りです。かく言う私も業者ですが、不動産に携わる者として不幸な投資家さんをゼロにしたい。本気です。業界経験13年のプロとして真実だけをお伝えします。業者と対等な立場で戦ってください。決して損はさせません。村上しゅんすけ
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

ダメおやじの全財産をかけた崖っぷちFX通信
【1日に数万人が熟読する人気FXブログのメルマガ版】 相場歴30年以上のダメおやじがFXノウハウを大公開! 毎朝配信!毎日の経済指標情報や攻略法を無料で解説しています。 ●損切りがうまくできない、利食いが浅い ●ポジポジ病(ポジションを不要に持ってしまう) ●コツコツドカーン(小さく勝っても大きく負ける) ●エントリータイミングわからない ●メンタル面が弱い このようなお悩みがあれば購読してみてください。 FX初心者から経験者まで、FXの悩みをこのメルマガで解消します。 期間限定でメルマガ内で数万円相当分のFX情報商材をプレゼント中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング