言葉の森 オンラインマガジン

言葉の森新聞2016年12月1週号 通算第1445号★事前指導を生かした作文★受験直前の作文小論文


カテゴリー: 2016年11月28日
言葉の森新聞2016年12月1週号 通算第1445号
文責 中根克明(森川林)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇創造性を育てる作文・読解・国語◇◆◇◆◇
                              
    毎週担当の先生から電話の指導がある続けやすい通信講座
    自宅で無料体験学習を受けられます
    お申し込みはこちらからどうぞ
    http://www.mori7.com/

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


■■★事前指導を生かした作文は、実例を増やし、語彙を豊かにし、家庭での
対話の文化を作る(つづき)

 メモのようなものがないと、漠然とした質問をすることになるので、聞かれ
た方も答えようがありません。
 また、子供の方もただ親に依存するような聞き方になってしまいます。
「こんなことある?」
「そんなことないなあ」
「あ、そう」
などという対話では、事前の準備にはなりません。
 子供の構想図の説明をもとに、お父さんとお母さんと、ほかにも家族がいれ
ばその人たちも巻き込んで、みんなで思い思いに似た例を話していきます。
 こういう親子の対話があると、感想文の準備ができるだけでなく、子供の語
彙力が育ちます。
 語彙力が育つということは、実例も、表現も、感想も豊かになっていくとい
うことです。
 また、作文の材料がみんなの協力によってで作られるので、作文を書く意欲
も自然にわいてきます。
 言葉の森の作文指導の特徴は、事前指導です。作文を書いたあとの赤ペン添
削は、事後の評価というよりも、むしろ次の作文の指導のための先生のメモの
ようなものです。
 子供が作文力をつけるのは、事前の準備によってです。
 そして、その事前の準備をする場所は家庭です。
 子供たちの本当の学力は、家庭での知的な対話の中で育っていきます。
 そういう事前指導を充実させるために、これから、オンエア講座「作文と勉
強」でいろいろ工夫をしていきたいと思っています。


■■帰国子女と受験作文(つづき)【過去の記事の再掲】

 帰国子女の受験作文で大切なことは、志望校の過去問を分析することです。
 中学受験の場合は、ほとんどが、現地での生活の経験を問うような課題です
。しかし、難しい学校になると、世界の平和についてどう考えるかというよう
な、社会的なテーマが出されるようになります。
 高校受験の場合は、現地での経験を問うようなテーマは逆に少なくなり、や
はり世界平和の問題や、国によって異なる文化の違いの問題など、より社会的
なテーマが多くなります。
 現地での経験を問うような問題の場合、対策は二つあります。
 ひとつは、親子で現地の経験を話し合っておくことです。その話を通して、
子供本人が自分の経験の中で作文の材料に生かせる個性的な体験を発見してい
きます。
 文章の評価には、表現力の評価だけでなく、実例の面白さの評価も自然に入
ってくるので、個性的な体験を書けるようにしておくことが大事なのです。
 もうひとつは、子供が作文を書いたあとに、その作文の中の経験をより一般
的な視点でとらえられるように、これもやはり親子で話し合っておくことです
。
 一般的な視点とは、「人間にとって」とか「人間は」とかいう言葉で表され
るような感想のことです。
 例えば、民族は違っても人間の共感の本質は同じだとか、あるいは逆に、現
地の文化と日本の文化の違いについて考えさせられた、などという感想です。
 こういう一般的な感想は、小6ぐらいの子供の場合、聞かされれば理解する
ことができますが、自分から考えつくことはなかなかできません。だから、親
子の話し合いが必要になるのです。
 社会や文化の問題の場合は、読書によって考える材料を増やしておくことが
大切になります。
 高校受験でしたら、次のような本が参考になります。(絶版なので中古しか
ありません。)
「日本人のこころ」(岡田彰雄 筑摩書房)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480880038
 ちなみに、国語の問題で比較文化論が出るのは、日本だけの特徴のようです
。それだけ日本文化は、欧米や他のアジアの諸国の文化とは違うところが多い
のだと思います。
 作文小論文の対策としては、とりあえず出そうなテーマで10本書いておく
ことです。その10本をいずれも傑作に仕上げ、それを何度も繰り返し読む練
習をしていくのです。

 作文試験のときに、自分がこれまで書いた作文の中から、2つか3つの表現
を使うことができれば、実力の120パーセントを発揮したことになります。
 作文試験が、他の教科の試験と比べて不安になりやすいのは、実力が充分に
発揮できるかどうかわからないからです。
 自分の書いた傑作を何度も読むという練習をしておけば、ほぼ実力が発揮で
きると考えておくとよいと思います。
 言葉の森の作文指導の特徴は、構成を重視して書くことです。そのため、評
価する人からは、「構成がわかりやすい」とよく言われます。
 構成を重視して書くために、書く本人にとっても書きやすく、読む人にとっ
ても読みやすいのですが、これには長所も短所もあります。
 長所は、実力のある生徒は実力が発揮しやすいということですが、短所は逆
に、実力(語彙力)がない生徒の場合は、その実力不足がはっきりと出てしま
うことです。
 実力をつけるためには、作文の勉強とは別に,読書と対話とできれ問題集読
書によって思考力(語彙力)を鍛えておくことです。


■■受験直前の作文小論文(過去の記事の再掲)

 今回は、受験直前の取り組みの説明です。
 まず、作文小論文の試験では、どういう課題が出るかわかりません。ここが
いちばん不安なところです。この不安をなくすには、次のように考えることが
大切です。「運がよければ、いい課題が出るだろう」。
 書きやすい課題が出れば自分の普段の心がけがよかったからだと考えます。
しかし、書きにくい課題が出たときは、「こんなに書きにくいのだから、ほか
の人もみんな苦労しているだろう。だから自分は自分のベストを尽くせばいい
のだ。ラッキー」と思えばいいのです。
 さて、直前までの勉強の中心は、これまでに書いた自分の文章です。どんな
参考書よりも自分の書いた文章がいちばんの財産です。書いたものを何度も読
み直し、自分なりによく書けているところに赤ペンで線を引いていきます。そ
れを試験の直前まで続けていってください。よく書けているところとは、切れ
味のいい表現、感動のあるエピソード、味のある会話などのあるところです。
 試験の当日には、自分の書いた文章のファイルと1冊の本を持って出かけま
す。本は、空いている時間などに読みましょう。小説よりもノンフィクション
の方がいいでしょうが、自分の好きなものでかまいません。これは、面接のと
きも同じです。何気なく手に持っていった本が、作文試験や面接のときに意外
と使えることがあります。
 試験の会場でも、時間があれば、これまで自分が書いた文章のいいところだ
けを読んでおきましょう。
 試験が始まったら、課題を見て、これまでに書いた文章の使えそうなところ
を簡単にメモします。作文に、その使えそうなところが三つも入れば大成功で
す。もちろん、使えそうなところが何もなくても大丈夫です。これまでに書い
たものが頭に入っているので、書いている間に自然に続きが出てきます。
 書いたあとは、もちろん読み返し。1、2文字の訂正なら消しゴムで、それ
以上の長い訂正は消しゴムを使うと汚くなるのでなるべく訂正をしないように
工夫していきましょう。原則として消しゴムは使わないつもりで書いていきま
す。これは普段の練習のときも同じです。
 試験までにまだ時間があり、もう少し書く練習をしたいという場合は、自分
がこれまでに書いたものと同じテーマで同じ内容を時間内に書く練習をしてい
ってください。新しい課題に取り組む必要はありません。書く時間が取れない
ときは、頭の中で構成を考えるだけでも練習になります。
 それでは、試験まで、これまでに書いたものを何度も読み返してがんばって
ください。


■■12月に発売する本の内容

 12月に、すばる舎より、「小学校最初の3年間で本当にさせたい勉強」と
いう本が出ます。
 これは、小学1年生から3年生までの、読書、勉強、遊びについて書いた本
ですが、子育てに関する教育観のようなものから書いているので、幼児にも、
その上の学年の小中学生にも役立つ内容になっています。
 この本の話の中心は、読書の大切さです。
 次は、勉強は家庭で平凡にやるものだという話です。
 そして、最後は、子供の成長には何よりも遊びが必要だという話になってい
ます。
 出版社の意図は、主に読書の大切さということで書いてほしいということで
したから、これまで考えていた読書についての話と、実際の図書の選定をもと
に書きました。
 本のテーマと、自分が普段考えていることがぴったりだったので、内容は気
合いを入れて書きました。
 そのため、やや難しい内容になってしまったところがあります。
 ユニークなのは、遊びのところだと思います。
 今ふりかえると、自分の子供二人の子育てでもいろいろなことをしましたが
、あとになって残っているのは、遊びの思い出が第一で、次が読書の思い出で
、勉強の思い出というのはほとんどありません。
 勉強的なことは、二人とも言葉の森を小1から高3まで受講したことだけで
す。小論文の試験があったわけではないので、高3のころはさすがに大変だっ
たようですが(笑)。
 今回の本には、作文の話も少しだけ出てきます。
 それから、SNSの活用法などの話も書いています。
 子供たちをめぐる教育環境はこれから大きく変化してくるので、読書や対話
によって新しい情報を早めに取り入れていくことが大切になると思います。
 現在、アマゾンで本の予約を受付中です。
http://amzn.asia/7Se4iXm
 11月中に予約していただいた方には、小冊子とyoutubeのダウンロ
ードプレゼントを行っています。
 予約された方は、ぜひホームページからご連絡ください。 


----------------------------------------------------
■MagMagからのメールマガジンの登録と削除は下記のページで
(▼ダイジェスト版 マガジンID:0000000226)
http://www.mori7.com/morion/imorion.html
(▼完全版 マガジンID:0000132951)
http://www.mori7.com/morion/imorionk.html
■これまでの言葉の森新聞は下記のページで
http://www.mori7.net/mori/
■ホームページ
http://www.mori7.com/
■メール
nane@mori7.com

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/07/12
部数 1,880部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

言葉の森 オンラインマガジン

RSSを登録する
発行周期 週刊
最新号 2017/07/12
部数 1,880部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

相馬一進の、1億稼ぐビジネスの本質|マーケティングと心理学
・天職で1億稼いだ相馬一進が、お金、自己啓発、仕事について、 心理学とマーケティングの側面から語る本格派メールマガジン。 ・著者の相馬一進は、ダライ・ラマ14世や、『7つの習慣』の スティーブン・コヴィーや、リチャード・ブランソンなどの、 海外セミナーへの日本人ツアーを企画、集客した実績を持つ。 ・最先端の起業・副業のノウハウや、マーケティングの原理原則、 生活の中からストレスを減らす方法、モチベーションの心理学、 複数の収入源を持つ方法、働く時間を減らす秘密などを配信中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

WEBマーケティングを学ぶためのメールマガジン
国内トップクラス(ユーザー数70000人)のWordPressテーマTCDやフォトマルシェ、ロゴマルシェなどを運営する株式会社デザインプラスの中田俊行が発行するメールマガジン。 アフィリエイトから始めた著者が、ネットマーケティングや最新のウェブ業界の情報を発信していきます。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から3年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

川島和正の日刊インターネットビジネスニュース
■読者数32万部超、日本一の個人メルマガ(まぐまぐ総合ランキング調べ) ■9年連続で年収1億円以上になり、70か国以上を旅行して、 190平方メートルの豪邸に住んで、スーパーカーに乗れるようになり、 さらに、著書は、日本を代表する超有名人2人に帯を書いてもらい、 累計50万部のベストセラーとなった、現在香港在住の川島和正が、 最新のビジネスノウハウ、自己啓発ノウハウ、健康ノウハウ、恋愛ノウハウ さらに「今チェックしておくべき情報リスト」などを配信中!
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

3連単3頭ボックスで超簡単に万馬券をゲットする競馬プロジェクト
◆読者6000人突破!まぐまぐ殿堂入り!! 圧倒的に少ない買い目で馬券を的中させます。 指定した《3頭》をボックスで買うだけで・・・ 昨年は9万馬券&7万馬券が当たりました。 一昨年にはなんと10万馬券も的中させています! 馬券は3頭をボックスで買うだけなので 誰がやっても買い目は同じ。 女性でもOK、競馬初心者でもOK 資金が少ない人でもOKです。 しかし、買い目が少ないので 当たればガツンと儲かります! こんな競馬予想は他にありません! ☆彡メルマガ広告主様大歓迎です☆彡
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

生きる意味は仏教に学びなさい
仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

アーカイブ

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング